« 大山三の沢から剣ヶ峰 | トップページ | 晩秋散歩 »

2011年11月23日 (水)

座頭谷遡行そして蓬莱峡 

ようやく休日20日に予定の空いたkoro  ちょっと遠出もしたかったのですが 前日まで天気予報はどこも雨マークが 晴れマークが付いているのはこの近辺ぐらい というわけで すぐ近くなのにまだ行った事が無かった裏六甲の座頭谷から蓬莱峡辺りを歩いてきました~  

 ※蓬莱峡六甲山の裏側(北側)を有馬高槻構造線に沿って西から東へまっすぐ流れる大多田川の上流部、支流の座頭谷川との合流地点より上流(西側)にある。風化した花崗岩が鋸歯状の鋭い岩峰の稜線を見せる峡谷である   

11月20日(日) 晴れ時々曇り

近場なので朝食もゆっくり済ませて 8時半自宅スタートです             通いなれた吉川から有馬への道を走り 有馬街道を西宮方面へ 西宮市山口町船坂の蓬莱峡駐車場に10時到着です 1日¥500のこの駐車場から蓬莱峡広場や屏風岩は15分ぐらいで行けるそうですが 私達はまず駐車場を反対方向に出て座頭谷から座頭谷川を遡行するコースを歩く事にします

Photo            駐車場を出た所から望む蓬莱峡の岩峰群

Photo_2 10時10分 この通称曲り橋(砂防堰堤)を渡って座頭谷川の遡行コーススタートです                       

座頭谷川右岸の山道を流れに沿い上流へと辿ります

雑木林の山道を10分ほど歩いて 小さな堰堤から見上げると 

荒れた岩壁で ヘルメットにアイゼン装着で歩行訓練中のグループを発見!

Photo_3                  クリックで少し大きくなります

座頭谷には年代の古い石積みの堰堤やコンクリートの堰堤などたくさんの砂防ダムが設置されています防ダムが設置してあります。年4 この4段の砂防堰堤が現れると 登山道はその脇の階段を使って高巻きし 砂防堰堤の上流側に出ます

Photo_5        大小の石ころと砂で埋め尽くされた堰堤の上に立ち振り返ります

Photo_4  この辺りから景色は 風化した花崗岩が鋸状の鋭い岩峰の稜線を見せる峡谷へと変貌を始めました

Photo_6 Photo_7

Photo_8 Photo_9

今日このコースを歩いた目的はこの峡谷の他にもう一つ                    実は探したい花があったのです

Photo_2 これは違う山(五台山)で撮ったセンブリの花ですが この峡谷のどこかにまだ見た事のないムラサキ色のセンブリの花が咲いているらしいのです

そのムラサキセンブリの花がまだ咲いているかもしれないと秘かに楽しみにしていたのですが・・・

やはり少し時期が遅すぎたのでしょうか それとも・・・

残念ながら今回はムラサキセンブリに出会うことはかないませんでした

Photo_4 Photo_5

ムラサキセンブリを探すのをあきらめ 棚越へとの小さな案内板を頼りに峡谷を抜け出し急登の登山道を20分程登ると ちょうど12時 棚越新道 六甲ハニー農場に着きました 

さてここまでの道のりはおおよそ調べて来ていたのですが はてさて?ここから駐車地へは?蓬莱峡へは?ここまでくればバス停があって駐車地まで簡単に帰れると思い込んでいました~ ところが思っていたより簡単ではなく車道をしばらく迷走 ここはどこ?船坂バス停は?とちんぷんかんぷん

こうなれば来た道を戻るしかありません あんなに青空が広がっていた空も灰色の雲が広がり今にも降り出しそう お昼を過ぎてお腹がグーグー鳴っていましたが 食事どころかひと休みもする間もなく超特急でUターンです

13時30分 1時間程でようやく振り出しの駐車地に戻ってきました~\(^o^)/       心配した空模様も何とか大丈夫そう 

今度は蓬莱峡広場と屏風岩へ向います

Photo_9  駐車場からわずか10分程でこの蓬莱峡広場に到着 数組のグループが歩行訓練をしたり登山技術の実技講習などで広場はとても賑わっていました

Photo_10

広場から5分程で屏風岩です

Photo_7

こちらはロッククライミングの格好の練習場となっていて たくさんのグループがそれぞれクライミングを楽しんでいました

2 Photo_8

若い女性がクライミングに挑戦中、下でロープを支える男性そしてピンクのシャツの男性は下から手や足の運びをアドバイス 3人一組です

私達もしばらく練習の様子を見ていましたが 見ているだけなのに力が入り思わず「がんばれ!」と・・・最後まであきらめずに登り切った彼女に周りから大きな拍手がおきていました

 

 

Photo_11

ロッククライミングは出来ないけれど 見ているだけではやっぱりつまらない 装備無しで簡単に登れるコースを見つけててっぺんに立った 高いところ大好きmokoでした

この後 14時半 無事駐車場に戻り 久しぶりの山歩き終了 ちょっと道に迷ったけれど近場で面白い山歩きが楽しめました~♪

|

« 大山三の沢から剣ヶ峰 | トップページ | 晩秋散歩 »

2011年の山歩き」カテゴリの記事

コメント

koroさん こんにちわ
今日は23日で鍛冶屋の金比羅さんですね。
今までぬくかったのに、例年にもれずに金比羅さんになると寒くなりますね。
お休みで久しぶりにでゆっくりしてます。
koroさんのところにきたら、更新してあったのでゆっくり楽しませてもらいました。
どこの山かなぁ~って思っていたら六甲山の裏だったのですね。あとの温泉はどこだったのですか?
こんな花崗岩の山が裏にあるとは知りませんでした。
駐車場からわずか10分程で蓬莱峡広場に辿り着くのなら私でも行けそうですね。
私も何と何とやらは・・・ご他聞にもれずに高いところが好きなので
無装備で登れるロッククライミングらしきものを挑戦したいです。

投稿: CF | 2011年11月23日 (水) 15時42分

私の山歩きスタートは六甲山須磨アルプスから始まったのですがそのころ六甲山ハイキングという本がわたしのばいぶるでした。数年後その本を得意先の税理士さんにプレゼントしたらとてもよろこばれゴルフをやめて山歩きされています。そのころ行きましたがみちがよくわからず広場のあたりをうろうろして帰った記憶があります。バスで行きました。高いとこだいすきなMOKOさんすごい。森林植物園再訪したかったですがいけませんでした。神戸の花鳥園もいいてみたいところです。ハヤブサの弾丸飛行で検索するとしびれるハヤブサの急降下がみえますよ。

投稿: よっちゃんです | 2011年11月23日 (水) 20時04分

近くにこな素敵な山があっていいですね。
爽快感がこちらまで伝わってきます。
屏風岩花崗岩色々な形で見応えありますね。
少し迷ったけど紅葉も見頃で良かったですね。
センブリはこの時期に咲くんですか?
紫センブリ会ってみたいですね。
ロッククライミングはスリル満点で 山ガールも頑張ってますね。

投稿: momo | 2011年11月24日 (木) 22時06分

CFさん こんにちは
あっという間に毎日が過ぎてゆきます
20日のメールありがとうございました あれから有馬温泉と思うでしょ?
そのつもりだったのですが どこにしようか?
駐車場は? と迷ってるうちにめんどくさくなって
結局我が家のお風呂にしました~(ノ∀`) アチャー

蓬莱峡広場と屏風岩ならほんとにすぐ行けます
mokoは あの岩の横へまわると少しなだらかな岩の道らしきところがあったので
滑らないように気を付けて歩いて登ったようです
ロッククライミングはやはり装備無しでは無理でしょうね
また機会を見つけて有馬温泉付でご案内しましょうか?

投稿: koro | 2011年11月25日 (金) 11時12分

 よっちゃんですさんの山歩きスタートは六甲山だったのですね
六甲山は東灘への通り道だったり、車では何度も森林公園などへ行ったりしてるのですが 
私達は近いのに案外あまり歩いていないのです 
そのくせよく知ってるつもりで油断して道に迷ってしまってお恥ずかしい
六甲の山は町から近くてこんな大自然を楽しめるのですから便利な山ですね


投稿: koro | 2011年11月25日 (金) 11時59分

 momoさん こんにちは
六甲山は神戸の街からとても近くバスなどの便もあって
手軽に登山を楽しめるので人気です
見どころもいろいろあって面白い山ですが 
ドライブがてらにちょこちょこ歩いたぐらいで 
考えてみると山歩きらしい歩きはあまりしていませんでした
ムラサキセンブリは11月初旬~中旬頃でしょうか?
花はセンブリよりずっと大きく、うす紫色の花弁に濃い青紫色のすじがあるので
白いセンブリより豪華に見えるようです。また来年リベンジです
ロッククライミングも山ガールに負けず挑戦
と行きたいところですが・・・これは無理です

投稿: koro | 2011年11月25日 (金) 12時29分

初めて投稿致します。先月、船坂の蓬莱峡駐車場を探しましたが見当たらず、諦めて帰りました。今は無くなっているんでしょうか?。

投稿: Yattze | 2014年10月10日 (金) 16時47分

Yattzeさん こんばんは~
えっ!座頭谷遡行? すっかり忘れておりましたが
おかげさまで懐かしく思い出させていただきました~
3年前に行ったきりでその後駐車場がどうなったのか分かりませんが 
沢山のクライマーが来ていたわりには
私たちが停めていた駐車場にはあまり車が停まっていませんでした
ちょっと検索もしてみましたが 
私たちの停めた駐車場の情報は見つかりませんでした
お役に立てずにごめんなさい

投稿: koro | 2014年10月10日 (金) 21時59分

Koroさん、こんばんは
ご返答有難う御座います。2週間ほど前にこちらのブログを見せて頂き、船坂辺りを走りましたが分かりませんでした。駐車場らしき場所はありましたが閉じられていて入れませんでした。40年ほど前の高校生の時に兄に連れられて初めてキャンプをした場所なので懐かしく思い、行きましたが残念でした。再度電車・バスでトライと思っています。有難う御座いました。

投稿: Yattze | 2014年10月11日 (土) 23時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 座頭谷遡行そして蓬莱峡 :

« 大山三の沢から剣ヶ峰 | トップページ | 晩秋散歩 »