« 初登りは千ヶ峰 | トップページ | 樹氷の森 明神平 そして下山後にも感動が »

2012年1月11日 (水)

那岐山の輝き

Photo那岐山(なぎせん1225m)頂上から 登ってきたCコース、滝山への分岐峠方面の眺望

1月8日(日) 曇りのち晴れ

天気予報を睨みながら行きたい山の選定 積雪の多いこの時期ですが アプローチが比較的簡単で安心ということで行って来ました~ 

午前7時 自宅出発   

加西ICから中国自動車道を美作ICまで 美作ICから鳥取方面へ地道を20分程で那岐山麓山の駅登山口へ  第1駐車場までは積雪も凍結も全く問題なしでしたが 第2第3駐車上へはノーマルタイヤでは

9:00 第1駐車場の少し上の駐車地からスタートです     

私達の停めた駐車地には先行車が5台ほど 第2.第3駐車場にもそれぞれ3~4台ほど車が停まっていました 那岐山の人気ぶりがうかがえます

Photo_3 Photo_4

登山口                 B,Cコース分岐点                     今日は踏み跡のしっかりあるCコースを登ります

前回は(と言っても8年も前の事ですが)6月にササユリの花を訪ねてBコースを登り滝山まで縦走しCコースを下山しました

Moko 登山道にも積雪はけっこうあるのですがたくさんの登山者のおかげで適度に踏みしめられ登山靴でも歩きやすく 用意してきたアイゼンもワカンも出番がありません

登山靴できゅっきゅっと雪を踏みしめ、急坂ではつま先を蹴りこみ滑らないように気を付けながら軽快に登ります

Photo_5             30分程登ってきました 奈義の町と雲海

Photo_6 T

9:35 綺麗な桧皮の森をのんびり登っていると いつの間にか私のすぐ後ろに噂の「那岐の仙人」が迫ってきていました あわてて「おはようございます…」とあいさつをして道を譲ると にこにこしながら「いやいやすみませんな~」と言いながら私達を追い越し、みるみる遠ざかって行きました 「いつもは上半身裸」と聞いていたのにな~としばらく目で追っているとこの後すぐにTシャツを脱いでいつものスタイルで登って行く仙人の姿が見えました    普通の登山者が登り2時間 下り1時間40分かかるこのコースを 仙人は往復で2時間を切る猛スピードで2~3日に一度のペースで登っておられるらしい・・・どうやら私達が頂上へ着くより早く再び今度は下山中の裸の仙人と出会うことになりそうです

Photo_7

Cコースを登り始めて1時間程 登り始めた時厚かった雲がいつのまにかこんなにすっきりと晴れました。 歩き疲れているはずの身体ですがこの青空がうれしくて休憩もそこそこに先を急ぎます

Photo_5 10:25 大神岩展望所からの眺望

Photo_2 Photo_3

10:55 一段と雪が深くなった登りで「那岐の仙人さん」と再会です 登山者からの「写真を・・・」との申し出にも気軽に応じながら でもアッ!という間に駆け下りて行かれました~(*^ー゚)b

Moko Koro

11:10 辺りの木々の 樹氷が青空に輝いて・・・                        思わず立ち止り「なんてきれい…」と何度も声に出さずにはいられません

Photo_5 11:25 那岐山頂上直下 素晴らしい青空の雪景色です

Photo_9 Photo_10

11:37 那岐山頂                                          陽が差し風もない穏やかな好天の山頂で大勢の登山者が憩っています 私達もここで昼食休憩です 

Photo_6 頂上より南方面パノラマ  登ってきたCコース登山道が見えています 

私達は下山はBコースでと思っていましたが ほとんどの登山者が下山もCコースを戻って行かれるようでした  積雪期のBコースは初めてなのでちょっと心配でしたが Bコースを登ってこられた登山者に様子を尋ねるとどうやら大丈夫そう。                でBコースにしようと話していると 男性2人連れの登山者が「じゃ 私達もBコースで」と  結局この4人で前後しながら雪深いBコースを楽しく下山することになりました~

Photo_13 鳥取方面パノラマ                                           12:00 下山のBコース登山道はこちらへ下りて行きます

B Photo_14

Bコースはさすがに積雪も多く登山者も少ないのでズボズボ沈みます いよいよmokoが背負ってきたワカンの出番です

Photo_4 3 

今やスノーシューが大流行ですがこのワカンもなかなか優れもので私達の雪上歩きには大いにその威力を発揮してくれます。 ただ私はたびたび自分で自分のワカンを踏んで転んでは笑い転げておりました~雪の上なので痛くはないのですがいったん転ぶとなかなか立ち上がれないのが滑稽です

Photo_16

徳島からの男性2人組は壺足でぐいぐいと下って行かれたのですが やはり途中からワカン装着 「いや~私もワカン踏んで顔から転びましたよ~」と笑っておられました

Photo Moko

青空のもと 雪の那岐山たっぷり楽しむことが出来ました~\(^o^)/

14:18 登山口に無事下山

今日の温泉

美作ICから5分  石畳道路の湯郷温泉街の中ほどにある湯郷鷺温泉館へ 駐車場が満杯でつぎつぎと次の駐車場へと廻され 結局一番遠い第4駐車場に駐車

お風呂はたくさんの人で賑わっていましたが 大浴場やジェットバス、サウナに水風呂そして露天風呂も広く 充分温まりゆっくり疲れを癒して帰りました~  

|

« 初登りは千ヶ峰 | トップページ | 樹氷の森 明神平 そして下山後にも感動が »

2012年の山歩き」カテゴリの記事

コメント

いい山選びされましたね。那岐山は40年くらい前の大学2年のころから数年間、正月3が日天気の良い日を選んで雑煮を12,3個たべたあと腹減らしに長靴で登っていました。あんまり青空をみて登った記憶がないのです。正月3が日ときめていたからかも。鼻水たれての高見山とちがって青空の那岐山よかったですね。そうはいってもわたしも霧氷の非日常的景色にひかれ山歩き日和の2002,3年ころの薊岳とか明神平、三峰山と記録をみながらそうかMOKOKOROさんこのころから冬の霧氷と青空の世界にはまっていったんだなあと考えながら次女に今週末帰って那岐山へ霧氷みにいかんかとメールを送っていたのです。卒論の最中できっと無理でしょうが。冬山にいかないのは1年の四分の一を空白にすることと悟り、月一くらいは霧氷と青空の世界に身を置きたくなりました。でも石鎚にいった会社の同僚は危うく滑落して100メーターくらい落ちるとこだったと言ってましたのできをつけてくださいね。やっと腿の筋肉痛がおさまってきました。
いよいよこれからMOKOKOROさん本領発揮ですね。冬の那岐山軽かったでしょ。ほんと山選びの正確さはいつも尊敬です。MOKOさんが発案、KOROさんが決定ですか。

投稿: よっちゃんです | 2012年1月11日 (水) 18時59分

よっちゃんですさん こんばんは~
8日の那岐山は当りでしたね~
お天気が良すぎると樹氷もみるみるとけて消えてしまうし・・・
霧氷、樹氷を期待してはるばる東吉野方面の山まで
出かけてもけっこう空振りしていましたよ
四季を通してやっぱり那岐山は優しくて良い山ですね~
冬の那岐山を知ってまた一段と大好きになってしまいました~
でも冬山は気象条件が悪いと事故につながる
危険な所でもありますよね 
油断しないで気を付けましょうね   

投稿: koro | 2012年1月13日 (金) 00時46分

いやこの日の那岐山タイトル通り輝いていますね。いままでの山歴が旬の山を鋭い嗅覚で探り当てられるのだと思います。しかしお二人鳥取側から登るイワウチワの時期、当たり年のドウダンのトンネルの旬の時期に登ってくださいね。おすすめです。
加太の湯ほどではないかもしれませんがすこし津山方面へ戻り一山越すといとこも私もすすめる阿波温泉。ここには露天風呂があります。観光地化してないのでのんびりゆっくりはいれます。ここにもぜひ。ナビでいけますね。広戸仙登山口あたりから20分くらい加茂のほうにゆくのです。そして讃岐の名店おか泉で修行した若者が開業したかず丸うどん。たしか津山に帰る途中の那岐観光のむかいあたり。ここもおためしを。もうじき美作インターそば田殿神社に節分草が咲きます、美作市河会の野草園も関西からも立ち寄られるようです。次回もしっかり美作を味わってください。けさはめちゃ寒い。お山も凍っているでしょう。

投稿: よっちゃんです | 2012年1月13日 (金) 06時50分

よっちゃんですさん 魅力的な情報をいろいろいっぱいありがとうございます 
ササユリ探して登った時はドウダンツツジが花盛りでとても見事でしたよ
津山、美作 いいところがいっぱいありますね~
まだまだ通わないといけませんね
明日は親戚の法事があるのでお山はお休みです

投稿: koro | 2012年1月14日 (土) 22時43分

那岐山の輝き あの写真みたら行かないと美作人として恥ずかしい。実は那岐山長男が幼稚園くらいで頂上で見失い大声あげてさがしてから20年くらい岡山側から登ってないのです。木が伐採され明るくなっていました。仙人にもあえました。しかし青空はみえず白い世界でした。といってもガスが晴れなんとか頂上の様子はみえてまあこれも那岐山が見せる顔と満足して帰りました。そちらの最初の写真と同じポイントでとった写真比べるとその差は一目瞭然。
あの好天はMOKOKOROさんへの那岐山からのプレゼントだったのでしょう。でもおかげで那岐山の冬景色体感できました。阿波温泉の湯も。ほんとこの湯ええわー。紹介ありがとうございました。

投稿: よっちゃんです | 2012年1月15日 (日) 07時21分

koroさん、こんにちは~♪
昨日娘や孫が帰り、やっと落ち着いた朝を迎える
ことができました。「孫はきて良し帰って良し」と
言われていますが、本当ですね。

那岐山からの素晴らしい雪景色を楽しませて頂きました。
雪山は遠くから見るだけでも神々しくて好きです。
実際自分の足で踏みしめられたらどんなに素晴らしいかと
思いますが、装備も体力も無いのでmokokoroさんの
ブログで楽しませて頂きたいと思います。

投稿: hiro | 2012年1月16日 (月) 11時01分

こんばんわぁ~☆
暫く忙しくしていて出遅れました。
雪山登山楽しまれましたね。
とても美しい風景に私も一緒に深呼吸してしいました
お天気も良いせいか 画像からも寒さも伝わって来なくてとても快適そうです。
裸の仙人さん凄いですね。
慣れれば平気なのかしら・・お若い方?
私も雪みたいです。
毎年何処かへ見に行ってるけど 今年は何処へ行こうかと考え中です。
素晴らしい雪山楽しませて頂いて有り難う
後程メールしますが宜しくネ。

投稿: momo | 2012年1月16日 (月) 22時33分

よっちゃんですさん フリッカー拝見させて頂きました~ 
今回那岐山の輝きはちょっと少なかったようですが 
でもガスで白くけぶる山も幻想的ですよね
私達はおかげさまで那岐山からのプレゼントいただきまして
ありがとうございました~

京都 御所からの北山は白く輝いてきれいでしたね

 

投稿: koro | 2012年1月16日 (月) 22時59分

実はあの日、登り始めで一人の山ガールにあったのですが、頂上でまたいっしょになると、だれかがきままに山歩きのブログやっとられる方ではとその娘に声をかけられ、私もそのブログの名前に心当たりがあり、えっということに。この山ガール自然大好きという感じでヘルシーで感じがいいのです。ブログをひらくと大山の記事がいっぱい。
雪山もやられるのでMOKOKOROさんもどこかで会われるかも。気ままに山歩き一度あけてみてください。大山ユートピアなど大山情報、岡山県北情報いっぱいです。なにより山を自然をほんとに楽しんでいる感じが伝わってきてここちよいブログです。

投稿: よっちゃんです | 2012年1月17日 (火) 08時07分

hiroさん お疲れさま
「孫は来て良し帰って良し」ほんとよ~くわかりますよ
でもまたすぐ「今度はいつ来てくれるかしら」と
待ち遠しい事と思います

おかげさまで久しぶりに大当たりのお天気で
疲れ知らずの雪山歩きを楽しむことが出来ました~
いつも一緒に楽しんで頂いて本当にありがとうございます

投稿: koro | 2012年1月17日 (火) 11時35分

momoさん お元気そうで・・よかった

そうなんです  
青空のおかげでこの季節でも頂上で景色をお惣菜に
ゆっくりお弁当を食べることができたのはラッキーでした 
疲れ知らず寒さ知らずの雪山歩きを楽しめました~

仙人さん? たぶん実年齢は70代半ば?なのでは・・・
でももちろん体力的には我々よりもウンとお若いです

momoさんの雪景色楽しみです
ゆっくりのんびり気ままに楽しみましょう

投稿: koro | 2012年1月17日 (火) 11時57分

よっちゃんですさん ご紹介ありがとうございます
早速少し覗かせて頂きました~♪ 
本当に山を自然をイキイキと楽しまれている素敵な山歩きブログですね
また覗かせて頂きたいと思っています
いい出会いがありましたね

投稿: koro | 2012年1月17日 (火) 15時33分

今日は作州地方はすごい霧に。鏡野町で青空がかすかに見えたので山乗渓谷から急きょUターンして広戸仙へ。素敵な雲海を見た瞬間道路わきの溝に脱輪。結局2時過ぎに山頂へトホホ。せっかくの好天をのがしたバカな私です。ひょっとしてお二人私の大好きな氷ノ山モンスターとかいうことはないですか。私の嗅覚ですが。今日はおいそがしかったかな。

投稿: よっちゃんです | 2012年1月22日 (日) 23時12分

koroさん こんばんは
あっという間に1月も下旬になってしまいましたね。
もう何回も出会っているので新年の挨拶は済ませたし・・・
今年も宜しくお願いしますね。
青空と雪山、樹氷「わぁ~きれい」と何度も立ち止まって歓声をあげられた
koroさんの気持ちわかります。
私も写真をみても歓声をあげましたよ
裸の仙人さん凄いですね。寒さ知らずの健脚にびっくりですね。

投稿: Cf | 2012年1月23日 (月) 00時33分

よっちゃんですさん 素敵な雲海に見とれて脱輪? 
大変でしたね~ お疲れ様です
氷ノ山のモンスター大きく育っているでしょうね 
会いに行きたいのはやまやまなのですが・・・
残念ながらしばらくは他の予定がつまっていて
山行はお預けです

投稿: koro | 2012年1月23日 (月) 16時23分

 CFさん ほんと あっ!という間です・・・
今年もどうぞよろしくお願いします

那岐山は以前に2回登っています
どちらも小雨模様のお天気で眺望は全くダメでしたが
今回は大当たり とても美しく輝いていましたよ~


投稿: koro | 2012年1月23日 (月) 16時49分

先日妹がメールしてきて五木食品の鍋焼きちゃんぽんが(128円)でしたがおいしいから食べるようとのことでした。どこにでもはなく、3軒目のスーパーにおいてあり買ってきました。スープが濃厚でうまいのです。カロリーたかそう。寒いとき小屋でたべてみてください。かまぼこ、キャベツ、もやしを別の袋にいれていくといいでしょう。もちろん一度家で、試食してからね。山から下りて小腹が減った温泉に行く前でもいいかも。

投稿: よっちゃんです | 2012年1月27日 (金) 06時16分

よっちゃんですさん ありがとうございます
は~い( ^ω^ )ふふふ
鍋焼きちゃんぽんが¥128とはまた超お安いですね~
五木食品ですね 探してみますね

投稿: koro | 2012年1月27日 (金) 22時02分

前回高見山で鼻水流しながら次回は三峰山に若草山の野焼きの火に来てかえりにみて帰ろうと決めていたのででかけてきました。またまた榛原から雪が降りましたが高見山に比べればましでした。もうじき宿がないのであまりいけなくなります。yottyanndesuworld5 で検索 出てきた最初の広戸仙の記事をクリック 右上の小さいyottyanndesuworld5 をクリックするとみていただけます。MOKOKOROさんの時と比べてどうでしょう。おなじようなものかも。

投稿: よっちゃんです | 2012年1月30日 (月) 15時36分

よっちゃんですさん こんにちは~
三峰山は私達の2008年の時とよく似たお天気模様のようですね 
2001年にも行っているのですがその時は
お天気が良すぎて霧氷は全くダメでした
若草山の山焼き素晴らしい迫力ですね~ 
写真を拝見していると これは一度ぜひ実際に
見に行きたいと思ってしまいました

投稿: koro | 2012年2月 1日 (水) 11時56分

ぜひ行ってみてください。霧氷の時期若草山の山焼き、春日大社の節分万灯籠とセットすると充実の一日になると思います。次回見えなかった白い高見山を節分万灯籠の日にと考えています。若草山の山焼きは空間も大きくてお水取りよりいいし冬の花火もグー。帰りに何か食べて帰りの時間をずらせれば静かな春日の森をおふたりでナイトハイク。大きな木がみつめてますよ。
おかげで今年は霧氷めぐりにめざめました。氷ノ山のモンスターにいつか会いたいなあ。それにはスノーシューとか買わないといけないし車も足回りから準備しないと。道はけわしいなあ。長靴では無理なんでしょうね。遅めに出るとしっかりトレースがついてリフトつかえば初心者でもいけませんか。帰りのくだりがでこぼこなくてすいすい帰れるのも雪山の魅力ですね。おふたりが雪山の世界にはまっておられるのもわかってきました。春夏秋冬、山はちがった美しさをみせてくれますね。山歩きびよりの1月、2月ごろのお二人の山歩きよくみさせてもらっています。

投稿: よっちゃんです | 2012年2月 1日 (水) 23時39分

よっちゃんですさんも樹氷に目覚め、
すっかり雪山の魅力にひきこまれておられるようで何だかうれしいですね~
氷ノ山のモンスターぜひ会いに行って下さい
そうですねやはり長靴では無理です
私達もまるで初心者でしたがアイゼンやワカンの
冬装備とお天気に細心の注意をはらいました
下りは尻セードが楽しいですが
これも周りをよく見極めて安全を確かめながらですね
私はこの2.3月はまた年度の変わり目で忙しく
残念ながらなかなか山歩きに行けそうにありません 

投稿: koro | 2012年2月 6日 (月) 10時43分

2001年頃行かれた薊岳、明神平、桧塚と心ひかれますねえ。もう10年以上雪山のキャリアを積まれてステップを1段1段登られるのたのしくうれしかったでしょうね。モンンスター会いに行ってくださいのげんこつマーク、気合を入れられましたね。いつかなんとかしていくつもりです。雪山歩きのステップをきざむその過程がまた楽しそうですね。お二人まだまだ春にきてほしくないのでは、ありませんか。
ところで星山から櫃が仙の縦走の際、風呂は真賀温泉でしたか。昨日冬の真賀温泉ゆきましたが、おふたりにいつかさむいとき行ってほしいなあ。真賀温泉の口コミみていただくとわかります。

投稿: よっちゃんです | 2012年2月 6日 (月) 19時49分

よっちゃんですさん ちょうど昨日の神戸新聞朝刊の一面に
氷ノ山の青空とモンスターの写真が大きく載りました~
今年は怪物君 なかなか大きく元気に育っているようですよ
行きたいですね~
星山櫃ヶ山縦走の時は 調べていた??温泉への道が
ちょうど通行止めになっていたため あきらめて高速に乗り 
帰り道の加西ねひめの湯に寄って帰ったと記録していました
真賀温泉 なかなかレトロな雰囲気の温泉のようですね
天然の岩場から湧き出す湯治効果の高い良いお湯だとか
寒い季節 温泉はじゅわ~っとたまりませんね~

投稿: koro | 2012年2月 8日 (水) 17時14分

タイムリーな情報ありがとうございます。神戸新聞、モンスターで検索するとなんと1分4秒の画像がでてきました。さっそくお気に入りにいれたのでこれでいつでもみることができます。ありがとうございます。
この前のマーちゃんという女の子がスノーシューを買って雪山に一段一段ステップアップしてゆくのをみてほほえましくおもっていましたが、わたしもスノーシューほしくなりました。まずは講習会参加からかな。ところでスノーシューって一つ買えば娘や息子も調節してみんなでつかえるのでしょうか。なにせ賞味期限があんまりないもので。年寄りがいるので、1年にそう何度もいけるわけでもないので。気になります。

投稿: よっちゃんです | 2012年2月 8日 (水) 23時19分

koroさんのブログ楽しくて結構チェックしてるんですよo(^-^)o実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってメッセしてみました(笑)koroさんに仲良くしてもらえたら嬉しいですo(^-^)o一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールくださいo(^-^)oココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいですo(^-^)oまってるねえo(^-^)o

投稿: まりこ | 2012年2月 9日 (木) 12時21分

よっちゃんですさん 実は私達もスノーシュー持ってないのですよ 
今はだいぶん買いやすい値段のものもあるようですが
それでも2人分となるとちょっと考えてしまいます。 
ワカンも十分まだまだ使えるのでそれで間に合わせています。
信州など遠出の時は現地でレンタルと言う手もありますのでね
スノーシューの事 あまり詳しくは知らないのですが、
体重があまり違わないようでしたら共有で使えると思います

投稿: koro | 2012年2月10日 (金) 23時00分

 まりこさん はじめまして コメントありがとうございますm(_ _)m
拙い山歩きブログ読んで頂き本当に有難うございます
まりこさんの趣味は何かしら?山歩きはされますか?
なかなか更新できないぼちぼち歩きのブログですが宜しくお願いします


投稿: koro | 2012年2月10日 (金) 23時18分

土日を利用して娘たちの荷物を少しづつ持って帰るついでに綿向山の霧氷をと、でかけましたが、八日市インターから雪雲のなかにはいりどんどん降ってくるので、退却Uターンし、長女の希望で吉田山、京大の近くの茂庵というカフェにいったのですがベリーグー。人気店なので人が少なく空気のきれいな冬に機会があればぜひお立ち寄りください。
代わりに比叡山に1時半ごろから登り6時前、暗くなって下りてきました。京都は青空。山の選択むずかしいです。綿向山に登られた方、ネットでは樹氷はあってもやはり眺望なしとのことでした。いつか高見山同様白い三角の鎌が岳みたいものです。MOKOKOROさんは白い鎌が岳みられたのでしょう。

投稿: よっちゃんです | 2012年2月13日 (月) 09時42分

よっちゃんですさん こんにちは 
息子も京都で学生時代を過ごしましたので京都にはよく行きましたが 
男の子は愛想が無くてしゃれたカフェなど教えてくれませんでした
フリッカー拝見しぜひ行って見たくなりました
冬の比叡山 陽だまりハイクとても気持ちよさそうでしたね~
はい!12日 私達はやはり寒~い白い世界で遊んできましたよ~


投稿: koro | 2012年2月14日 (火) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那岐山の輝き:

« 初登りは千ヶ峰 | トップページ | 樹氷の森 明神平 そして下山後にも感動が »