« 芦屋ロックガーデンから六甲最高峰へ | トップページ | 谷歩き花めぐり »

2012年4月10日 (火)

六甲西山谷 滝と堰堤

4月8日(日)晴れ Moko単独山行き

昨日からKoroは旅行で家におりません よっちゃんですさんお勧めの六甲西山谷へ

朝8時20分自宅出発 9時40分渦森展望公園入口付近に到着Photo

展望公園を通り過ぎると下の方に川が見えました 横の階段を下に降りると住吉神社奥宮がありその横から河原におりました

河原を少し進むと

Photo_310時10分 ここから遡行開始です  西山谷か西谷山か? 

河原を進むと最初の堰堤が見えました

Photo_6  右側を巻いて行きます

3  この堰は千丈谷第3堰堤と表示してあります

堰堤を超えたとこから河原に戻り遡行開始 F1の滝は滝と言えるほどのものではないので写真がありません

F2  F2滝 滝の左を登ります

F4_2 

F3滝

F5_2  F5滝(15m)

滝の横を登って行きます

Photo_26 水場

水は飲まない方が良いとありましたが

ここの水は大丈夫なのでしょうか?

5           現れました千丈谷第5堰堤高さ20mあるそうです

Photo_8

堰堤は登れないので左側直下の

クサリ場を激のぼり

Photo_9 堰堤から河原に

ロープをつかんで降ります

降りた河原で今日初めての登山者と出会いました

彼は3度目で地図に綺麗に記入していました

私が先に進みました

しばらく進むと

F7_3 F7西山大滝

古い看板が右上にあります(見えにくいですが)

滝左を登ります

F8_4 F9_5   

F8,F9と小さな滝が連続します

6            千丈谷第6堰堤

Photo_16 6_7   

6_8Photo_17 

黄色い足場のある堰堤まできました

F13 F13滝とノッポの堰堤

F15_2 F15ソーメン滝

水の少ない左側を登る

F16 F16滝

これも左側を登る

F17_2 F17滝

愛情ノ滝

ちょうど12時です

ここで昼食 お弁当を食べました

F17滝は登れそうにありません

Photo_27

横の崖にロープがあり滝の上に

出ることが出来ました(見た目よりキツイ)

又河原へ降りて行きました

B9_3 B10

B12 B13_2   

小さな滝が連続

Photo_19 Photo_20

左が最後の堰堤

Photo_21

六甲ドライブウエイの天狗橋が見えてきました 川の流れはほとんどありません

西山谷遡行は終わりとします

橋の横を道路へ登ります

Photo_22

12時27分橋の横へ

道路をロープウエイ方面に歩き寒天道を降りる

この道は歩き良い道です

Photo_24 13時10分公園に戻ってきました

ちょっと面白い山歩きでした

Photo_25                 渦森展望公園から六甲の町並み

|

« 芦屋ロックガーデンから六甲最高峰へ | トップページ | 谷歩き花めぐり »

2012年の山歩き」カテゴリの記事

コメント

mokoさん
こんばんわ♪
何時もkoroさんにはお世話になっています。
単独の逆行は厳しいそうですね。
滝や堰が沢山あっていずれも急ですものね。
健脚ならではのmokoさんだから出来る事です。
因みに私の一番好きな滝はソーメン滝と愛情ノ滝です。

投稿: momo | 2012年4月10日 (火) 23時40分

神戸の中でも息子さんのお住まいのところは六甲山の真ん中あたり、西山谷も裏庭みたいなものですね。それにしてもすばやい。MOKOさんにはすこし危険な香りがお似合いかもしれませんね。地図を赤ペンでたどるといっぱいコースがあって車なしでいけば登りと下りでほんといろいろ歩けます。それがいいかも。ひょっとして次は六甲全山縦走?しぇー。私には無理ですがMOKOさんなら須磨から布引あたりまでは楽々いけそうですね。。26歳の時山のサークルで一度歩きましたが夜宝塚10時になりました。新見の無名谷、草間の山野草もいつかきてみてくださいね。雪割草、交配でいろんな花が咲くと聞き認識をあらたにしました。
レンゲショウマという花もかわいいですね。関東の御岳山に咲くそうですね。一度たづねてみたいなあ。MOKOさん単独レポートもお忙しいでしょうがまたよろしくおねがいします。

投稿: よっちゃんです | 2012年4月11日 (水) 00時11分

どうも私が登っていたころの風景とちがうようなので他の人の記事をみてみるとやはり昔は堰堤のない自然な沢だったと書いてあり28歳で西宮を離れたのでその後でできたのでしょう。でも昔の面白さが残っていると書いてありました。結構変化のあるコースでスリルもあったと記憶しています。。須磨アルプスの橋もおらが茶屋も昔はなく以前歩いた時このあたりが一番変わっていました。

投稿: よっちゃんです | 2012年4月11日 (水) 08時06分

momoさん西山谷のコメントありがとうございます
滝は数はありますが迫力に少々欠けます
堰は上からのぞくと結構高度感があり
登り降りもちょっとスリルがあり面白かったです
滝の写真 少々青くなってしまいました
なかなか写真の腕が上がりません
光の当たっている所と影の所の使い分けが出来ません
師匠 教えて下さい

投稿: moko | 2012年4月11日 (水) 20時01分

よっちゃんですさん 西山谷紹介ありがとうございました
途中 茶色の真ん中が割れた堰堤が見えて間違いに気づき戻りました
ネットでは愛情ノ滝からドライブウエイへぬけるとありましたが 
滝の上に降り小さな滝群と堰をこえ天狗橋の下まで歩きました
橋より上はどのようなのでしょうか
又よい山がありましたら紹介お願いします

投稿: moko | 2012年4月11日 (水) 20時20分

私がちょいちょい行っていたのは30数年前ですから、昔のことが書いてないかと、震災前の西山谷で検索してみると、今までの歴史がかいてありました。震災で大月地獄谷も今は通れないのですね。MOKOさんのレベルははるか上なのでお勧めできるところはあまりないのです。わたしこそおふたりの後追いを楽しみに山歩きしてるのですから。扇の山のシワガラの滝から単に登るのでない花の旬を追いかける喜び、テーマを持って登る喜びをおしえてもらったのです。おかげで鳥や動物と霧氷、巨樹とどんどん興味もひろがり以前にも増して山行回数が増えました。故郷の山も再認識しました。この雨で桜が心配ですね。桜の山へでかけたいなあ。会社の同僚は明日から四国の美馬市の八百萬神之御殿へでかけるそうです。8000本の桜とか。

投稿: よっちゃんです | 2012年4月11日 (水) 23時26分

こたつで眠ってしまいまいたがありました。お二人のレポートにのってない楽しく自然の残る谷歩きのできるところ比良八淵のコースです。ここはうちの次女もいったようなのでkoroさんもご一緒に。自然が残っているという点では西山谷とは一味違い、武奈ヶ岳に通じています。ここおすすめ。新緑のころいいでしょう、

投稿: よっちゃんです | 2012年4月12日 (木) 03時37分

よっちゃんですさん いつもありがとうございます
比良へも何度か行きましたが いい所ですね
八淵の滝も聞いたことはあるのですが行った事はありません
早速mokoがネットで検索「面白そうやな~
私は「足の長さが足りるかしら・・・」心配です

投稿: koro | 2012年4月12日 (木) 23時02分

mokoさん こんばんわ
六甲西山谷 滝と堰堤のレポmokoさんらしく丁寧に解説がしてあり、
私も一緒に行ったように楽しく拝見しました。
それにしても沢山の滝ですね。
一度にこれだけの滝にお目にかかれるなんて、なかなかいいところですね。

投稿: CF | 2012年4月15日 (日) 00時50分

CFさん 西山谷のコメントありがとうございます
六甲は近くですがあまり行った事がありませんでした
登山やハイキングの人が多く大変人気がありますね
また如何ですか?

投稿: moko | 2012年4月16日 (月) 00時24分

初登山、久々の、西山谷、散策してきます。1月6日

投稿: 神戸御影 舞雲辿苦楽歩 | 2013年1月 3日 (木) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲西山谷 滝と堰堤:

« 芦屋ロックガーデンから六甲最高峰へ | トップページ | 谷歩き花めぐり »