« 広戸仙の花 | トップページ | のんびり十石山から瀞川山 »

2012年5月20日 (日)

新緑の奥大山 烏ヶ山

5月19日(土)  

山歩き日和の昨日 奥大山鏡ヶ成(おくだいせんかがみがなる)キャンプ場の登山口から烏ヶ山(からすがせん)へ 
下山は新小屋峠へ周りついでに象山(ぞうやま)へも一登りして展望を楽しみ鏡ヶ成国民休暇村へ 新緑の奥大山を満喫してきました

Toriminngu登山口へ向かう途中 鬼女台からの展望 奥にデーンと白い大山(だいせん1709m) 手前に黒くとんがった山頂の烏ヶ山(からすがせん1448m)
「烏ヶ山は大山主峰の南側に位置し、遠くから見るとが羽を広げたような姿に見えることからこの名が付いた。ピラミダルな山容から山陰のマッターホルンと呼ばれる」

午前6時半 自宅出発   
加西ICから中国道を順調に走り、落合JCで米子道へ 蒜山ICで高速を降り 
午前9時奥大山鏡ヶ成国民休暇村駐車場に到着です

Photo 烏ヶ山は平成12年の鳥取西部地震により山頂部付近の登山道が崩壊し
登山禁止となっていました

そして平成16年に多くの登山者の要望で登山道の再調査がされたのですが その時点ではまだ危険度が高く
登山自粛の調査結果となったようです

その後正式には登山道の再々調査などが行われたという情報はありませんが 地震から10年以上過ぎ訪れる登山者も多くなってきたようです

道路を挟んでキャンプ場の向かい側に登山口がありました 平成12年の「登山を禁止します」という看板が倒してあります

午前9時15分          Photo_3  
ちょっと不安に思いながら歩き出したのですが
今日もどうやら先行者があるようです 後ろからも登山者の声が聞こえます

尾根へ上がるまでの残雪の残る登山道はちょっとわかりにくく迷いやすいのですが 地元の山岳ボランティアでしょうか しっかり目印の赤いテープがつけてあり 大いに助けられました 
感謝です    

Moko_3

  汗をかきかきテープを頼りに登ること30分程 新緑に輝くブナが立ち並ぶ尾根道になります

Photo_5 2

この尾根道なかなかの急登でまた汗が噴き出ますが 時折爽やかに吹き抜ける新緑の風に癒される気持ちのいい登りです でも汗の匂いに寄ってくるのか小さな虫が飛び回っているのでゆっくり立ち止まって休憩できません

Photo_9 10時40分 烏ヶ山南峰が見えてきました

あの頂を越えた向うの北峰に山頂があります ここからはストックを片付けて急峻な岩場の登りに備えます

Koro_3

Photo_10 南峰から山頂の北峰へ

背後に堂々とした大山の姿が雄大です

Photo_11

11時18分 烏ヶ山(1448m)山頂です\(^o^)/

Photo_12                    山頂からの大山展望です

Photo_14 山頂の岩陰にわずかに咲いていた
ノウゴウイチゴ
山頂でお食事中だった岡山から来られたご夫婦に教えて頂いたのですが
一番の特徴は花びらが7~8枚あることで これも昔に比べるとあまり見られなくなったとおっしゃっていました
直径2センチ程の真っ白で小さな可愛い花です

私達も展望を楽しんでちょっと早めのお昼休憩
  

12時過ぎ 下山を始めました

2_2 山頂からこの山一番の危険個所を下山中の私達の後続の登山者です

地震の後の崩落も落ち着いているようで浮石や落石の怖さは思ったほどではありませんでしたが やはり慎重に足を運びます

Photo_17

             新小屋峠分岐の印 ここから新小屋峠へ下ります

するとこちらの登山道には

Photo_18                 サンカヨウが

Photo_40 Photo_41

     イワナシ                 コイワカガミ

Photo_42 50分ほど下ってきました 真ん中のコブがさっきまで居た烏ヶ山山頂です  

Photo_25 新小屋峠登山口に降り 道路を横切って象山への登山道に続くブナの道を進みます

Photo_29

Photo_30 

      14時過ぎ 象山(1085m)山頂より眼下に広がる国民休暇村の景色

Photo_47     象山から烏ヶ山 南峰と山頂の北峰 ここからは二つの峰がはっきり見えます

Photo_35

Photo_36

Photo_45 Photo_46

象山からの下山道でも スミレの群生 エンレイソウ アカモノ ダイセンキスミレなどたくさんのお花達に出会えました~♪

Photo_48

         14時30分  鏡ヶ成国民休暇村に無事降りてきました~\(^o^)/

          休暇村のお風呂¥500 今日はとってもよく空いていましたよ
                
 

         

 

|

« 広戸仙の花 | トップページ | のんびり十石山から瀞川山 »

2012年の山歩き」カテゴリの記事

コメント

新緑の素晴らしい登山でしたね。
可愛いお花に出会えて幸せですね。
雄大な風景を私楽しませて頂きました。
それにしても体力ありますね~
以前一緒に山歩きしていた友人は今でもあちこち登ってます。
しんどいけれど又行きたくなるって言ってました。
体力の続く限り止められないようです。
登る体力があるって事に感謝ですね。
応援してますよ。

投稿: momo | 2012年5月20日 (日) 22時57分

大山はまだすみれがさかりなのですね。新緑のブナ林がきもちよさそうですね。烏が仙、20年くらい前、崩落前に息子と途中小雨の中登った記憶があります。このところの遠征でガソリン代ばかにならず、ちょっと雨でもふってもらって休憩したいこの頃ですが新緑今きれいですから天気になるとうずうずしますね。山菜天婦羅もうまいし。
5月20日頃ってなかなか山歩きには素敵な時期ですね。新緑きれいだし春の花の最後に出会えるいいタイミング。
のがしたくないですね。

投稿: よっちゃんです | 2012年5月20日 (日) 23時01分

momoさん こんにちは~ヽ(´▽`)/
いいお天気の休日に山へ行きそびれると
何だかもったいないことしたな~って思ってしまいます 
いつまで行けるでしょうね はい!健康に感謝ですね 
応援ありがとうございます

投稿: koro | 2012年5月21日 (月) 13時45分

 よっちゃんですさん こんにちは~
はい!お天気の良い休日はうずうず じっとしてられませんね
懐はもともと心細いものですが いまより若い時はないので
行けるときにどんどん(笑)行きたいと思っています

投稿: koro | 2012年5月21日 (月) 13時58分

koroさん、おはようございます♪
新緑が美しいですね。
お天気も良く、気持ちの良い登山ができたことでしょうね。
険しそうな山ですが、2時間で登られたのですね。
凄いなぁ~・・・

ノウゴウイチゴ、確かに花びらが多いですね。
可憐な山野草にもたくさん出会えましたね。
サンカヨウは初めて見ましたが大きな葉の上に
花がのっているようで珍しい花ですね。

良く歩いたあとの温泉は気持ちが良いでしょうね。
私は親戚に不幸があったので、
暫くはどこにも行けそうもありません

投稿: hiro | 2012年5月22日 (火) 05時53分

hiroさん こんにちは~(*^-^)
やはりブナは新緑がいちばんやね~と言いながら歩いてきました 
(でも秋には黄葉のブナがいちばんやねと言ってるかもしれませんが
サンカヨウは登りでは見られなかったので半ばあきらめていただけに
出会えた時はとてもうれしかったです

そうでしたか・・・
お庭のお花たちが優しく癒してくれますね

投稿: koro | 2012年5月22日 (火) 18時09分

ブログを見ているよ~~ モコさんと毎週山へいってますね。 楽しみに見ております
 

投稿: まみちゃん | 2012年5月24日 (木) 14時57分

まみちゃんさん 拙い山歩きブログにようこそ
そしてコメントもありがとうございます
まみちゃんさんも那須高原そして袋田の滝へ行かれたようですね 
新緑の季節 癒されますよね~
 

投稿: koro | 2012年5月24日 (木) 21時14分

今が一番若いということは1週間空けるとその分老化が進むということ。そこで頑張って石鎚山のちかくの筒上山と手箱山に登ってきました。このコースアップダウンが少なくアケボノツツジにシャクナゲ、シロヤシオにヒカゲツツジがみえるという幕の内弁当のような山でコースも鎖場あり、眺望ありでおすすめです。ここならあと数年後でも春の花楽しめそうです。そのうち紹介できると思います。
お二人はどこかいかれましたか。きょうはしんどいので昼寝します。日帰りなので朝4時起きでしたから。

投稿: よっちゃんです | 2012年5月27日 (日) 05時01分

よっちゃんですさん こんにちは~ 
幕の内弁当の筒上山と手箱山面白そうですね~( ^ω^ )
Flickrでのご紹介楽しみにしています
羊の群れを見たくて竜ヶ岳と思っていたのですが
今年はどうやらハズレ年のようであきらめました
今回はmokoの鼻が利いたのか?
キンランに出会うことが出来大満足でした~

投稿: koro | 2012年5月29日 (火) 16時03分

竜が岳のシロヤシオですか。鋭いなあやっぱり。竜ヶ岳いい山ですからねえ。山頂からの景色もスケールありますからねえ。もう遠くなったなあ。でも四国の山はこれからもときどき紹介しますよ。愛媛新聞社の四国 花の山へ行こう 図書館で取り寄せてみてください。ムズムズしてきますよ。信州も遠いためしばらくは四国、次女のいる広島芸北の山ねらいかな。白山のそばの籾糠山も興味あるのですが。少し暑くなり虫も多くなったので谷を歩くいいコースないですか。

投稿: よっちゃんです | 2012年5月29日 (火) 18時43分

よっちゃんですさん こんにちは~
シロヤシオ 今年は釈迦ヶ岳も竜ヶ岳も不作らしいです
「四国花の山へ行こう」以前教えてもらって図書館で借りましたよ 
でもやっぱりこういう本はいつも手元に置いておきたいですね
四国も魅力的な山がいっぱいありそうですが 
ここからだとちょっと行きにくくてなかなか行けません

投稿: koro | 2012年5月31日 (木) 11時52分

こんにちわkoroさん
ご無沙汰ばかりでごめんなさいね
ここんところ順調に山に行けてますね。ほんとに今よりは
若い時がないのですもの、行ける時に登っておかなきゃね
(下山のこの山一番の危険な箇所)山登り未経験者の私ですが、こんなスリル好きですが・・・。
無理とはわかっていてもやってみたい気持ちがあります

投稿: CF | 2012年6月 3日 (日) 18時06分

CFさん ありがとうございます
おかげさまでぼちぼちですが山歩き楽しんでいます
5月の末から1時間のナイトウオーキングも再開して
鈍った体力の回復を目指していますよ
また楽しくてちょっぴりスリルも有りの山歩き
一緒に楽しみましょう! ねっ!

投稿: koro | 2012年6月 4日 (月) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の奥大山 烏ヶ山:

« 広戸仙の花 | トップページ | のんびり十石山から瀞川山 »