« 縦走路の恋人は? | トップページ | ②梅雨の晴れ間の絶景展望! »

2012年7月14日 (土)

① はるかな~尾瀬~♪ 

7月7日(土) 雨 午前6時 自宅出発   
春日ICから舞鶴若狭道、北陸道、関越道と梅雨空の中走り継ぎ水上ICで降り 尾瀬国立公園の各登山口の起点となる尾瀬戸倉へ向かいました

途中 北陸道柿崎ICから柏崎ICまで大雨のため通行止めとなり高速を降りたり、水上から尾瀬への道で迷ったりして 予想以上に時間がかかってしまいましたが 
午後7時頃 戸倉第1駐車場へ無事到着です  

Photo_2 天気予報を睨みながら立てた
今回の山歩きの計画は 
 7日(土)   戸倉駐車場 車中泊
 8日(日)   朝1番のバスで鳩待峠へ入山
         アヤメ平経由で見晴、沼尻、
         尾瀬沼へ  尾瀬沼ヒュッテ泊
 9日(月)   長英新道から燧ケ岳
         下山は見晴新道で見晴へ 
         尾瀬小屋泊
10日(火)   早朝見晴の尾瀬小屋を出発し
         山の鼻登山口より至仏山登山 
         鳩待峠ヘ下山後 兵庫へ帰宅
というものでしたが・・・ 
8日は前夜からの雨で入山規制がかかったため予定を変更して大清水登山口から入山しアヤメ平経由のコースをあきらめました
実際に歩いたコースは上記の地図上の黒い線です
(地図はクリックすると大きくなります)

7月8日(日) 雨、曇り、晴れ間も少し

011_2 午前4時
昨夜から降り続いている大雨のため入山規制がかかり私達が乗る予定の午前4時40分発の鳩待峠行のバスは出ないことがわかりました

土木の調査が入り安全の確認がされれば規制が解除され、バスや乗り合いタクシーも順次運行されるというのですが何時になるかわかりません

      

        
    戸倉第1駐車場
午前8時
ようやく雨が上がり少し晴れ間が見えたりするようになりました
鳩待峠登山口の入山規制が解除され乗り合いタクシーが運行を始めました 
でも予定のコースを歩くにはこの時刻からではかなり厳しい事と 天気もまだ雨が残りそうだったので 入山登山口を大清水登山口に変更することにしました

午前8時半頃 大清水登山口の入山規制も解除され 8時43分発のバスで大清水登山口へ やっと尾瀬に入山です 
今日は尾瀬沼をめざして約8㎞の梅雨空ハイキングです

03         9時10分   大清水登山口からスタートです    

04             登山道の片側が川のように水が流れていました

05               10時16分  一瀬休憩所

07            水量の増した川沿いの登山道 登山靴もどろどろです

08_2 10

   11時 三平峠          また雨が降り出しました

11_2       雨に濡れた木道を滑らないように気を付けて歩きます

13               11時42分 尾瀬沼が見えてきました~♪

13_3 12時04分 尾瀬沼休憩所到着
たまたま写真には 一人も写っていませんが ここでは何組もの登山者がお昼休憩を楽しんでいました 私達も昨夜コンビニで調達したおにぎりなどでお昼ごはんです 

お天気が良ければもう少し湖畔を散策したかったのですが まずは今夜の宿 尾瀬沼ヒュッテへ

161240 午後1時からの受付を済ませ 荷物をおいて カメラ片手に大江湿原へお散歩です

 

21

レンゲツツジの赤が鮮やかです ワタスゲは雨に濡れて元気がありません

22_2

雨の中カッパを着て見晴方面へ向かう登山者達 雨でも色とりどりのカッパが楽しそう♪

30 31

    ゴゼンタチバナ

 ハクサンチドリ

33 32

     ワタスゲ           ウラジロヨウラク

34_4 35_4 

ウメハタザオ             タテヤマリンドウ

小雨降る中 1時間程湿原のお花を楽しんでヒュッテに戻りました

ヒュッテの談話室で他の登山者達としばらくおしゃべりを楽しんだ後 
3時半からお風呂の案内放送がありました 
自然保護のため石鹸やシャンプーは使えませんが とても熱いお湯がたっぷり使え 
シャワーも使うことが出来 気持ちよく汗を洗い流すことが出来ました
館内はとても清潔に清掃が行き届いて快適です
何より驚いたのは山小屋ながらトイレもウオッシュレットが完備されていた事です
そして5時からの夕食も美味しく完食しました~

25_2           午後5時40分 夕食後尾瀬沼ヒュッテの玄関デッキテラスから 
              明日登る燧ケ岳が姿を見せてくれました~

午後7時から尾瀬沼ビジターセンターで尾瀬の自然や歴史の説明会があり参加 
尾瀬保護財団の若いスタッフの興味深いマルチスライドや楽しいお話に感動したり笑ったりのひと時を過ごしました

午後8時 部屋に戻り  明日の燧ケ岳登山の好天を祈りながら就寝準備
午後9時の消灯前に二人ともすやすや眠りについてしまったようです

|

« 縦走路の恋人は? | トップページ | ②梅雨の晴れ間の絶景展望! »

2012年の山歩き」カテゴリの記事

コメント

遠方まで頑張りましたね 尾瀬でしたか でも山梨や軽井沢あたりまで行くと尾瀬の香りもすこしするようになりますからね。天気いまいちだったから正解ではないですか。というのも尾瀬には2回ほど行ったのですが、1回目は雨の時にそうだ尾瀬の木道歩きなら雨でも楽しめると(昔、山と渓谷の写真をみていたので)雨の尾瀬に入山したことあります。尾瀬沼 ロマンチックでしょ。長蔵小屋でコーヒーを飲んでいた時なんかいい感じの音楽を小屋の女の子がきいていてそれ誰のCDときいたらノラジョーンズのCDで帰ってから早速買ってきいたことを思いだしました。尾瀬沼と疲れた体にすごくマッチしていたのです。でも2回とも草紅葉の秋でこの季節は行ったことありません。あやめ平もいったことなくてあまり似たような地形がなさそうで行きたかったのでさすがの選択と思ったのですがだめでしたか。でもきっともう一回はいかれるでしょ。その際はぜひ桧枝岐の民宿泊まってくださいね。山小屋以上に印象に残っています。7月の尾瀬の朝、気持ちよさそうですね。続きが楽しみです。秋台風で結局まだ至仏しか登れてないのです。そうそう長男が鳩待小屋でバイトしていた時よく熊が出ていたようですがいかがでしたか。

投稿: よっちゃんです | 2012年7月15日 (日) 00時50分

尾瀬へよくいらっしやいました~
一昨年鳩待峠から沼山峠へ一泊で縦断したのを懐かしく思いだしました。
日光キスゲには少し早かったようですね。
昔夏にも行った事ありますがキスゲがまだ咲いてました。
見覚えのある懐かしい風景ばかり楽しませて頂きました。
大清水からは結構距離があると聞いてますが・・
レンゲツツジや山野草も綺麗です。
ゆっくり散策が出来て満喫それて良かったですね。
つづき楽しみにしています。

投稿: momo | 2012年7月15日 (日) 22時37分

koroさん、こんばんわ
いいなぁ~「はるかな~尾瀬」私が行きたい所のトップ3に入っています。
でも私は木道を歩くほうですよ
ハプニング続きのでだしでしたね。
でも湿原でかわいい山野草に出会えてよかったですね。
え~っ午前4時半出発のバスですか?
登山者のバスってどこでもそんなに早いのですか?

投稿: cf | 2012年7月16日 (月) 23時24分

よっちゃんですさん いつもありがとうございます
感動の尾瀬の山旅無事帰って来れたのは良かったのですが 
帰宅後次々と用事が押し寄せ なかなかパソコンにじっくり向き合えなくて
返コメもつづきの報告も遅くなってごめんなさい

遠いので一度にいろんなコースをと欲張った計画をたてました~
アヤメ平は残念でしたが 晴れ間に2座登ることが出来ましたし 
山小屋にも早めの到着で湿原散策などのんびり過ごすことが出来
大満足の山旅でした
よっちゃんですさんは秋の尾瀬を楽しまれたのですね
遠いですがまた季節を変えて行きたいですね
残念ながら?熊さんにはお目にかかれなかったのですが
兎やオコジョには会えましたよ

投稿: koro | 2012年7月17日 (火) 12時45分

 momoさん ありがとうございます
とうとうはるかな尾瀬へ行くことが出来ました~\(^o^)/
momoさんの昨年の尾瀬縦断山旅もあらためて見せて頂きましたよ 
コースは違うけれど同じ地を歩いたのだな~と
何だかより感動が大きくなりました
ちょっと雑事に追い回されてつづきの報告が遅れております
が 気長にまたよろしくお付き合いくださいね

投稿: koro | 2012年7月17日 (火) 13時05分

 cFさん ありがとうございます
そうなんですよ でだしはまさに前途多難・・
どうなることかと思いました~
CFさんの行きたい所トップ3の他の2つどこかな~?
って相棒が興味津々でしたよ
山歩きは朝早く出発して
山小屋には出来るだけ早く着くようにと言うのが鉄則です
夏山は午後天気が崩れやすかったり(特に雷が怖い)
クマなど動物たちは夕方から食事行動に出たりする事が多い
そんな事などが理由かな~と思います

投稿: koro | 2012年7月17日 (火) 13時25分

一回でもう2座登られたのですね。効率いいですね。一度目は雨の尾瀬ヶ原2度目は至仏を登ったところで秋台風。小屋で停滞もいつになるかわからずよく聞くひうち裏林道通っていったん御池、桧枝岐へ出て台風通過を確認して尾瀬沼一周、時間切れで大清水から帰ったのです。私には2度目だったこともあってか尾瀬ヶ原がいつまで歩いても振り返る景色が変わらないので退屈してきて変化のあるヨッピ橋、尾瀬沼あたりが印象に残っています。ひうちはきつかったですか。道はドロドロではなかったですか。尾瀬ヶ原からみるひうちはどこかユーモラスな気のいいおじさんみたいで好きでした。東北の山なかなかいいでしょ。電車で見るとなんか森の感じがちがうのです。すこし尾瀬の小屋は観光のにおいがつよくて北八ヶ岳やアルプスの山の方がワイルドで自然に近い感じしませんか。原の小屋にとまっただけですが。しかしアルプスとは違う旅情のような独特の魅力がありますね。尾瀬と鬼怒川も近いですしね。帰ってきたらまたすぐ行きたくなっておられるのではないですか。パワーに感心しております。尾瀬の2座を暑い7月登るのはパワーがないとできません。三平山登っても暑くてもう沢をあるくコースしか9月までいけんなあと思っているこの頃です。

投稿: よっちゃんです | 2012年7月18日 (水) 00時36分

よっちゃんですさん こんばんは~
花見山、神戸の街歩き、そして三平山とゆっくり楽しませていただきました~ 
コアジサイ、山アジサイそしてササユリとたっぷり楽しまれましたね
三平山は展望抜群で気持ちの良さそうな山ですね~

尾瀬は水芭蕉には遅すぎて、ニッコウキスゲには早すぎる
ちょっと中途半端な時期ではありましたが それだけに
観光客も少なくてのんびり静かな尾瀬を楽しむことが出来ましたよ

投稿: koro | 2012年7月19日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ① はるかな~尾瀬~♪ :

« 縦走路の恋人は? | トップページ | ②梅雨の晴れ間の絶景展望! »