« 剣岳へ!そして立山連山縦走の山旅② | トップページ | 宍粟の山探索 »

2012年9月 5日 (水)

剣岳へ!そして立山連山縦走の旅③

8月28日(火) 
     3日目 別山でご来光 真砂岳からぐるっと浄土山まで縦走(地図上青色線)

午前4時20分 今朝も朝食はお弁当にしてもらい まずは別山めざしてスタートです 
                                           

剣御前小舎の一番良い部屋で心地よい充分な睡眠をとることが出来 
二人の体調はますます絶好調です  

午前4時50分 別山(べつざん 2880m)01      日の出前 別山北尾根からの 左から八ヶ岳、富士山、南アルプス

01_2        ご来光を待ちます

02 午前5時6分 ちょうど鹿島槍ヶ岳からお日様が昇ってきました

03             別山もモルゲンロートに赤く染まります

05        昨日登った剣岳も朝日を受けて美しく輝きました

062 昨夜の宿 剣御前小舎のスタッフ2人が仕事の合間 別山に登って撮影を楽しんでいるのに出会いました

彼らたちに教えてもらった手のひら富士です   

ご来光の時刻に合わせて登ってきた別山で40分近くゆっくり遊んで過ごしてしまいました~

075時36分 次は真砂岳へ向かいます09

                       左 別山 右 雪渓の向こうに内の蔵小屋

10       6時25分     真砂岳(まさごだけ2861m)より富士山展望

12

真砂岳から富士の折立への鞍部で 手を振っているのが見えるでしょうか

  14       途中の展望所で 大日岳(だいにちだけ 2501m)展望

16_2 歩いてきた登山道を振り返って 真砂岳の向こうに別山その向うに剣岳の頂が

15           7時44分  富士の折立(ふじのおりたて 2999m)
てっぺんで手を振っているのは・・・
ホント好きですね~  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

17 富士の折立から これから進む大汝峰小屋とその頂が見えています

18 8時9分  大汝山(おおなんじやま 3015m) 山頂より剣岳展望

※ 立山というのは 富士の折立大汝山、そしてこれから行く雄山 この3つの峰の
   総称であり 立山連峰に立山と称する単独峰はないそうです

20_2 眼下に黒部湖 前方に針ノ木岳 、右奥に槍ヶ岳など北アルプスの山々、中央雲海の彼方に富士山の大パノラマです

25 8時43分 雄山(おやま 3003m)に到着です \(^o^)/
立山頂上雄山神社で安全登山のご祈祷をして頂きました m(_ _)m

28

私達は雄山から一の越へ降りて行きます 
がらがらの急坂でとても歩きにくい登山道です
一の越から雄山へはたくさんの人が登ってきていました この登りは大変きついですが
とても小さな子供たちからかなり高齢の方まで 家族連れや学校登山もみんな頑張って登ってきていました

30        小学生の学校登山 もうすぐ雄山山頂ですよ がんばって!!

31itinokosi 10時5分 一の越(いちのこし 2700m)まで下りてきました

始めの計画では一の越を降りて比較的なだらかな石畳の道の続くハイキングコースを室堂まで戻る予定でした

予定通り少し一の越を降りかけていたのですが 
「やはり浄土山も周って行こう!」とmoko 
「え~Σ( ̄ロ ̄lll) まだ登り足りんの?・・・」

と言うわけで 一の越でUターン 浄土山への緩い登りへ向かいました

※ ちなみに 下山後知ったのですが立山三山縦走とは別山、立山(富士の折立、大汝山、雄山)それに浄土山を言うそうですから 一の越で降りてしまっていたら立山三山縦走制覇\(^o^)/とはならなかったところでした   

34 11時17分  浄土山(じょうどさん 2831m)
2年前の5月に雪の立山に来たのですが  まだまだ深い雪の浄土山に登り 強風に飛ばされそうになりながら歩き下山道がわからず 結局一の越へ戻り室堂へ下山したのを思い出します

32

       途中の五色が原と室堂分岐の展望所から 五色が原方面の眺望

登り切って なだらかに広がる浄土山の山頂を探していると同じように「山頂標識ありませんね~…」と山頂を探している登山者に出会いました 結局お互いに山頂標識を見つけられずここ!という山頂はわかりませんでした 

11時40分 室堂の浄土山登山口をめざしてきつい傾斜の岩場登山道を下り始めました 半分ほど下った所で mokoがカメラを頂上付近で忘れてきた事に気が付きました
mokoは荷物をその場に置いて 一人でもう一度頂上へ                ご苦労様です

36_237_3   

12時25分  無事忘れ物も取戻し 元気に浄土山登山口に下山してきました~
ようやく室堂も見えてきましたが ここから長~い石畳の坂と石段の道がこれでもかと言うほど続きました

38_2 13時 ようやく室堂まで無事に戻ってきました  室堂からは今日ぐるっと周ってきた立山の峰々を見渡すことが出来 確かにこの足で歩いてきたのですが それが何だか信じられない程の雄大な景色に大満足のmokokoroでした~

私達のなが~く拙い立山縦走の旅に最後までお付き合い頂きありがとうございました

 

  

|

« 剣岳へ!そして立山連山縦走の山旅② | トップページ | 宍粟の山探索 »

2012年の山歩き」カテゴリの記事

コメント

お天気にも恵まれて雄大な風景を満喫されて本当に良かったですね。
キツイ山は出来るだけ体力があるうちが良いですね。
私などとてももう登れないわ。
美しい夜明け赤く染まる山に私も感動です。
カメラも無事に戻って良かったです。
詳しい解説に私も一緒に登った気分で立山に詳しくなりました(*^-^*)
koroさん赤いウェアーからブルーに変わりましたね

投稿: momo | 2012年9月 5日 (水) 12時27分

koroさん、こんにちは~♪
素晴らしい山岳写真に感動しました。
こんなに素晴らしい景色を実際に見られたmokokoroさん
の感動は計り知れないものがあるでしょうね。
もう山登りはできないと思いますが、もう一度お天気の
良い日に室堂に行って、立山連峰の雄大な山々を
見たいものだと思いました。
山の天気は変わり易いと言われますが、お天気にも恵まれ
本当に良い登山ができましたね。

投稿: hiro | 2012年9月 5日 (水) 16時27分

立山三山縦走魅力的ですね。稜線散歩にモルゲンロートに星空 山歩きの醍醐味が凝縮されていますね。三日目のコースはいつか後追いさせてもらいます。真砂岳あたりいい感じ。なにより天気の良いこと。
いつもながらの絶妙の日程とコース選び。絶好調のお二人ですね。一の越から見上げる雄山への急なガレ場は戦闘意欲がにぶりますね。お二人はくだられたのですが。雷鳥荘に泊まったのですが風呂の湯加減がとても気持ち良かった記憶があります。最後のお風呂はどちらでしたか。なんか帰りたくなくなりそうですね。もう1回剣岳点の記みたくなったでしょ。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月 5日 (水) 18時49分

momoさん こんばんは~♪
ありがとうございます
あらっ!momoさん そんなことないですよ 
撮りたい物があればまだまだ行けますよ 
でも無理は禁物ですねお互いに
立山の雄大な景色 機会があればまたぜひ
momoさんのカメラでご紹介ください
さすがに3000m級の山 
朝晩はちょっと寒いので赤いフリースを着ていました~

投稿: koro | 2012年9月 6日 (木) 00時16分

hiroさん こんばんは~♪
ありがとうございます
やはり山はお天気で大きく違ってきますよね
hiroさんにも是非晴天の立山の素晴らしい景色を見て頂き
生の感動を味わってほしいと思います
室堂からのハイキングコースもいろいろ楽しめそうです 

投稿: koro | 2012年9月 6日 (木) 00時29分

 よっちゃんですさん こんばんは~♪
ありがとうございます
緊張の剣岳登山から無事に下山 
その後の縦走は気分的にまた一段と
のびのびとリラックスして楽しめましたよ~
そうですか 雷鳥荘の温泉良かったようですね
私達は室堂へ下山後 とにかく車まで早く戻ろうと
すぐ高原バスに飛び乗り続いてケーブルに
乗り継いで立山駅に降りてしまいました
何しろ今夜中に兵庫まで帰るつもりなので 
帰る途中にあるグリーンパーク吉峰の温泉に入って汗を流しました
温泉は良かったのですが 
節電のためか入浴後休憩所のエアコンが
ほとんど効いておらず 
また汗だくになりそうだったのであわてて出てきました

投稿: koro | 2012年9月 6日 (木) 00時53分

お二人のレポートに刺激され剣山の落石事故で下がっていたマインドが元気になり影大山とトリカブトに逢いに大山へ行ってきました。 yottanndesu world10
flickrで検索いただきでてきた最初の記事の周りの山もアジサイだらけでしたの記事を開けていただきいつものようにyottyanndesu world10の青い文字をクリックするとみていただけると思います。山に行くと体調がいいです。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月 8日 (土) 18時37分

よっちゃんですさん こんばんは~ヽ(´▽`)/
早速 大山を見せて頂こうと検索したのですが・・・ι(´Д`υ)アセアセ
最初何で検索すれば「周りの山もアジサイだらけでした」
の記事がでてくるのでしょう?
よろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: koro | 2012年9月 8日 (土) 23時46分

yottyanndesu world10で検索するとでてくるようです。回りの山はあじさいだらけの記事が。 その右上の青いyottyanndesu world10をクリックするとちょっとHな滝神社のレポートが。そのつづきに影大山紹介しています。剣岳の迫力には程遠いですが身近でガソリン代だけでいきました。人の多さに閉口する大山ですがこの夜間登山おすすめです。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月 9日 (日) 05時10分

よっちゃんですさん ありがとうございました 
おかげさまでうまく見ることができました
もう何年も前になりますが 同じ9月の日中 
日陰の無い大山の登りにバテバテになってしまったことがあります
なるほど夜間登山という手もありましたね
6合目からの大山の夜明け いいですね~ 
素敵な写真たっぷり楽しませて頂きました
影大山 面白いですね いいこと教えて頂きました
元気がでて楽しい登山が出来て何よりです 
 

投稿: koro | 2012年9月 9日 (日) 21時52分

こんばんわー♪

ごぶさたしております。
覚えてくださっているかしら? ^^*

今回はどこに行かれたかな?といつも楽しみにしています♪

剣岳 すごーーーい!!
見ているだけで足がすくんでしまう~。

お天気が良くって すんごく景色がきれいですね☆
私も行ってみたくなりましたが 最後の岩場が・・・
怖いですーー(汗)

私も今年はじめてのアルプスデビュー
涸沢~奥穂高に登ってきました!!

アルプスの山々はほんとーに 魅力的ですね☆^-^*

投稿: まろん | 2012年9月11日 (火) 19時52分

 まろんさん こんばんは~ヽ(´▽`)/
ご訪問 そしてうれしいコメントありがとうございます
もちろん! 覚えてるどころかちょくちょくお邪魔させてもらって
楽しませてもらっていますよ~
でもお若いまろんさんのペースにはなかなかついていけなくて
いつも読み逃げばかりで情けないアラ還のkoroですごめんなさい
涸沢~奥穂 素晴らしいアルプスデビューでしたね
ところで 仙人ハイク楽しみにしていますよ 
koroも今年の参加申し込みしています(自信ないのですが
相棒のmokoは毎年サポートスタッフとしてお手伝いしています

投稿: koro | 2012年9月11日 (火) 21時42分

この連休四国の山へと考えてたのですが台風襲来で5月の連休平家平でのガス中の登山を思い出して目的地変更し気になっていたMOKOKOROさんの地元の段が峰に行ってきました。意外と遠いのです。
この山階段のない素敵な山道。あちこちに柴クリの木があって雰囲気良いですね。予想通りあわただしく天候の変わる中、天空の回廊歩いてきました。降り口で気品ある60過ぎの紳士と小柄でこぶとりの奥さんが神戸NOのクルマで来られておりもしやとそれとなくどちらからとお聞きしたら大阪からで冬の段が峰にもくるとのこと。霧氷も下のほうでみられるそうです。
おすすめどおりこの地区を代表する山ですね。
そのあと砥峰高原、一宮回りで実家へ帰りましたが砥峰高原でめずらしい光景を目撃しました。
近くアップしますのでお楽しみに。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月16日 (日) 13時47分

帰りに千草のエーガイアで風呂に入ると靴下のうえのあたりに黒い木のかすのようなものが。取り去ると血が出てきました。段が峰ってヒルがいるんですか。初体験。
鹿も多そうですね。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月16日 (日) 15時53分

よっちゃんですさん ようこそ段が峰へ
千町峠から登られたのかしら・・綺麗な縦走路がつづいているでしょ?
ふふ こぶとりのkoroでなくて残念でしたね~
そのうちどこかでばったりなんてことになったら面白いですね 
砥峰の珍しい光景 何でしょう? アップが楽しみですね~♪
段が峰にもヒルがいましたか!?
鹿が多くて 運んで行くのでしょうね

投稿: koro | 2012年9月16日 (日) 22時31分

気になったので段が峰 ヒル で検索すると間違いなくいるのです。やはり風呂に入って気づいた靴下の上の黒い小さな木屑のような長細いものはヒルだったのです。
縦に2か所吸い傷のようなものがついていました。
ほんとにすごいときは音もなく体中にたくさんヒルが侵入するようですね。なんともやっかいな生物です。
これも経験ですが、ネットで他の記事を読んでいると気持ち悪いー。宍粟の山ほかにもいるのでしょうか。
お二人は吸われたことないですか。
なんか、車の中とか服とかまだ生きてついてきているのではと不安になります。一度生息するとなかなか消滅しないんでしょうね。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月18日 (火) 07時37分

 よっちゃんですさん こんにちは~
梅雨頃から夏、暑い間の里山はどこもヒルにご用心です
鹿がものすごく増えたのと同時にヒルもずいぶん広がってしまったようですね
私達も近くの山でしたが一度うっかり防備せずに歩きだし
靴に付いたのを見つけあわてて登山中止したことがあります
すぐ引き返したのですが、すでに靴の中に忍び込んでいたり
シャツに付いていたのもいましたよ
どうしても登りたい時は塩水を振ったり
スパッツをしっかりつけるなど
完全防備をしてからでないと大変です

段が峰は生野から登られたのですね 
秋の気配の気持ちの良い稜線歩きが楽しめたようですね

砥峰の鹿は可哀そうでしたね 
鹿害もあるので仕方がない面もありますが・・・
それにしても今猟期でもないのにどうしてだったのでしょうね

投稿: koro | 2012年9月18日 (火) 16時26分

不安定な天気で今日はおうちでしたか。KOROさんは三嶺のシロという案内犬きいたことないですか。土曜日名頃の登山口にいましたよ。下山してアイス買った丸石パークランドで聞いたら実はそこの犬だったんです。
聞けば人間でいえば百歳くらいとか。シロが元気なうちに三嶺いかがですか。
容量の制限でアップは来月ですが、案内犬のいる山もめずらしいでしょ。三嶺 シロで検索してみてください

投稿: よっちゃんです | 2012年9月23日 (日) 20時29分

 よっちゃんですさん こんばんは~
先週末の我が家は別行動 私は友人達と温泉でミニ同窓会
mokoは一人でちょっと冒険?してきたようです
三嶺 シロで検索してみました 
三嶺はまだ登ったことがありませんし 
もちろんシロの事も知りませんでした
何だかとても賢いわんちゃんのようですね
吠える犬はちょっと苦手なkoroですが 
シロには会ってみたいです 

投稿: koro | 2012年9月25日 (火) 00時58分

昨日ぐらいから尾瀬八ヶ岳剣岳に続く信州遠征かと思っていました。我々に残された賞味期限いつまでもありませんからね。赤西山の巨大杉いいですね。前からこの山興味あるのです。しかし道なき道を行くのは何度か道迷いで痛い目にあっているのでちょっと。実際三嶺に登った日75歳の老人が剣山で遭難され、泊まったラフォーレ剣山の夕食時話題に。その夜雨がずっと降り続け遭難死されました。三嶺も道が赤テープなので暗くなると迷いそうです。早朝登山がいいでしょう。翌日塔の丸を落石のリベンジに予定していましたが朝雨で断念。香川飯野山へ登って帰りました。帰りに剣山のふもとは消防団があちこちで救出準備中でした。三嶺は遭難多いのです。ラフォーレ剣の晩飯の豚シャブ、アマゴのから揚げうまかったなあ。また行きたいです。1泊夕食つきで6800円と懐にやさしいのです。こちら方面お泊りの際はぜひお泊りを。落石の際電話を借りたりお世話になったところです。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月25日 (火) 06時24分

よっちゃんですさん こんにちは~
おっしゃる通り長期にわたる遠征山行に行ける期間は短いです 
若い内は時間がないし、歳を重ねると体力と懐がさびしくなるし
でも行きたいと思う内にできるだけ行きたいなと思っています 
もちろん遭難しないように気を付けて)
ラフォーレ剣 覚えておきますね

投稿: koro | 2012年9月26日 (水) 17時56分

mokokoroさんはお気に入りの蕎麦屋さんありますか。昨日山と蕎麦をテーマにして日野郡根雨の宝仏山に登り、登山口のそばの、たたらやさんという蕎麦屋に立ち寄ると、うまいんです。ネットでの評判がいいので立ち寄りましたが、評判どうりのおすすめのお店でした。日野はコマドリが11月からやってくることでも有名です。毛無山、大山のお帰りにいかがですか。肝心の蕎麦の写真とるのを忘れてしまいました。宝仏山は大山の眺望が売りの山ですが、この日は台風接近でどこにあるかもわかりませんでした。
宍粟のあたりにいいとこないですか。ぜひいかせていただきます。

投稿: よっちゃんです | 2012年9月30日 (日) 08時53分

よっちゃんですさん 私達もお蕎麦大好きであちこちでよく食べてます 
どこも美味しく頂いていますが 
やはり忘れられなくてまた食べに行きたいと思うのは
信州安曇野新行と鬼無里のお蕎麦です
ちょっと遠いですね
残念ながら宍粟の辺りでは食べたことが無いのでよく知らないのですよ 
三嶺 気持ちの良い笹原が広がり、きれいな縦走路ですね 
登山口の案山子や案内犬シロに癒されますね

投稿: koro | 2012年10月 1日 (月) 21時44分

天気よさそうで本年4回目の遠征をお考えでうずうずされてませんか。秋の尾瀬、北アルプス今年の紅葉どうでしょう。当方信州いく馬力がなく、四国へむかいます。どうも三嶺でつまづいて膝の筋がピリピリ本調子でないのできついとこはいけませんが。

投稿: よっちゃんです | 2012年10月 4日 (木) 17時42分

お久しぶりです(毎回書いてるような・・・)
剣岳へ!そして立山連山縦走の旅①②③ゆっくり何回も見せていただきました。
ため息がでるくらい、いい写真ばかりですね
モルゲンロートって何?調べましたよ。山語句ですね。朝日で染まった別山ステキですね。
高い山に登らないとモルゲンロートは撮れないとか・・・・・。
足を鍛えていつまでも、いつまでもいろんな山に挑戦してください
宍粟の山探索はコメント欄が開いてないですね。
mokoさん一人で行かれたのに、なぜmokoさんが写っている写真があるのかしら?
それにあまり他の人が登っている気配もないし・・・。今までも不思議に思っている写真がありました。
先日mokoさんから直接聞き納得しました。タイマーで上手く撮れてますね。

投稿: CF | 2012年10月 7日 (日) 18時26分

よっちゃんですさん こんばんは~
はい!とってもうずうずしているのですが・・・
実はkoroの足の調子がいまひとつで
しばらくおとなしくしておりました
少し良くなってきたので今日は近くの山で
リハビリ登山を楽しんできました♪
よっちゃんですさんは四国の山をお楽しみ中でしょうか
年齢を重ねてくると故障も増えて回復も時間がかかりますが 
無理をしないで細く長く楽しみたいですね

投稿: koro | 2012年10月 7日 (日) 22時25分

 CFさん こんばんは~
いつもありがとうございます
そして先日はmokoの山話にもお忙しいのに
お付き合い頂きありがとうございました

今日は私も久しぶりに4時間程の
リハビリ山歩きを楽しんできましたよ~♪

投稿: koro | 2012年10月 7日 (日) 23時12分

わたしも三嶺であと少しで下山口のところでつまずいて階段で正座するような格好になりそれから膝の調子がいまいちなんです。昨日安居渓谷の宝来荘で68歳で昨日22kmの道を筒上山に登られた登山歴8年の方に会いました。ことし倉敷から35回四国遠征されているそうです。こちらも頑張らないと。
四国の山旅アップしました。yottyanndesu world11で検索し、たたらやの記事をクリック、いつものように右上の青いyottyanndesu world11をクリックしてみてください。
瓶が森や仁淀川の景色がみられます。仁淀川ブルー 今回頭に残った言葉です。

投稿: よっちゃんです | 2012年10月 8日 (月) 07時38分

ご無沙汰しています「日野家の山歩き」です。
mokokoroさんの「剱岳・立山連山・・」を参考に後追いですが先週に同じコースを歩いてきました。当初は黒部の下ノ廊下を予定していたのですが、台風17号の直撃で中止し少し日にちをずらして剱に登ってきました。室堂・雷鳥沢・剱沢の紅葉が綺麗でした。

天候はまずまずだったのですが、mokokroさんが行かれた時のピーカンの景色には負けです。

投稿: 日野家の山歩き | 2012年10月 9日 (火) 18時36分

日野家さん こちらこそご無沙汰してしまって
日野家さんのホームページはいつも楽しみに見せて頂いております 
もちろん錦秋の剣岳・立山三山も 
いい時に行かれたな~と羨ましく見せて頂きました
今年の立山は10年に一度の素晴らしい紅葉になったと
今日のTVで言ってましたよ
春の膝の不調も もう完全復活で 本当に良かったですね

投稿: koro | 2012年10月 9日 (火) 22時02分

よっちゃんですさん 遅くなってごめんなさい
瓶が森、天狗高原、安居渓谷、中津渓谷、雨瀧、横倉山
そして仁淀ブルーの仁淀川と見どころ満載の素晴らしい四国の山旅でしたね
仁淀ブルー 素敵ですね~ 
下が透けて見える吊り橋面白そうですね

投稿: koro | 2012年10月10日 (水) 00時29分

高橋宣之 仁淀川で検索してみてください きっと仁淀川行ってみたくなります。素晴らしい写真が。横倉山の光る森もどうもこの方がかかわっているようです。
四国の山このところよく行っていますが登り頃の山が多く最近では六甲山の拡大版のように行った山道がつながってきて地図を見るのが楽しいのです。アルプスより手軽でうどんやお寺もありますよ。宝来荘でみた仁淀川のDVD素敵でした。今年35回倉敷から遠征している方もきっと歩いた山道がつながる魅力、自然にひかれたのでしょう。なにせ少し山に入るとガソリンスタンドもコンビニもなくてどきどきなんです。

投稿: | 2012年10月10日 (水) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剣岳へ!そして立山連山縦走の旅③:

« 剣岳へ!そして立山連山縦走の山旅② | トップページ | 宍粟の山探索 »