« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

梅雨空に新緑の東北山歩き六座その④

毛無岱(けなしたい)の眺望shine満喫 八甲田山
             

6月18日(水)cloudsuncloud 
7時20分 ホテルの朝食を済ませ 酸ヶ湯温泉八甲田登山口目指して出発ですrvcar dash dash 

018時10分 登山口駐車場 予想以上に良いお天気になりました~happy01

Photo_2
04上の地図「現在地」横の登山口からスタートし大岳に登り毛無岱を周って酸ヶ湯温泉に戻って来るコースを歩きます
8時20分  shoe shoe  shoe shoe





Photo_3Photo_4

0540分ほど歩くと雪渓が出てきました

06また10分程で今度は道が切ってある雪渓を渡ります

07展望地から

08地獄湯ノ沢

09

10仙人岱から見上げる

12

大きな雪渓を登る

13池に映る大岳

15もう少しで頂上です 
振り返り 下に見えるきれいなハート型の雪渓にびっくりhappy01 
どうやら最後に登った大きな雪渓がハート型だったようですwink
その景色を撮影している単独の女性shine今日は青森美人でした~smile 

1710時45分 八甲田大岳山頂(はっこうだおおたけ1584m)
私たちはここで小休憩、少し下で私たちに追いついて一緒に上がってきた健脚の青森美人さんは「お先に・・・」と笑顔を残し大岳を下りそのまま赤倉岳方面へ進んで行かれました 
山名板の下で腰を下ろして休んでいた私は「私たちもさあ行きましょう!・・」と立ち上がろうとして山名板に頭をぶつけてしまいました~coldsweats01sweat01
幸いちょっとこぶが出た程度だったのですが その時思わず帽子を取って落とし 気づかずにそのまま歩き出してしまいました
5分ほど大岳を下ったところで帽子のないことに気が付きましたcoldsweats02 
情けないドジおばさんですcoldsweats01 ありがたいことに相棒が山頂まで登り返して持ってきてくれました 感謝heart04相棒さま様ですwink

2011時25分 大岳鞍部避難小屋より大岳を望む

22上毛無岱

23上毛無岱から大岳とヒナザクラ

24上毛無岱お花畑

25下毛無岱へ下る階段登山道の上からの展望
美しい錦秋の写真で何度も見たロケーションであるが 
新緑の今日も階段道の上に立ったとき 思わず「あっ!・・」と息を呑む素晴らしい光景が広がったshine

25_2下毛無岱の地塘

26_2チングルマとワタスゲ

3013時45分 酸ヶ湯温泉のすぐ横に下山して来ました~\(^o^)/

spa下山後のお風呂はもちろん酸ヶ湯(すかゆ)温泉 
私は女性専用内湯にゆっくり入りシャンプーも出来たのですが 
せっかくだからと有名な混浴のひば千人風呂に入った相棒は
浸かるだけしか出来ず早々に出てしまい 
次々と到着する団体客で混雑するロビーにも居られず
車中で私の出てくるのを長々と待たされる羽目にbearing
山歩きの後の入浴は男性専用内湯の方がちゃんと洗えてゆっくり
浸かれるようですsmile

今夜の宿は昨日のハイパーヒルズ弘前に連泊です
少し時間があるので弘前城に行ってみることにしました~rvcar dash dash

0116時40分 弘前城追手門

07_204_4

二の丸            四の丸

08
本丸は城跡だけで大きなお城はありませんが その広大な敷地には立派な庭園や、松、しだれ桜、大銀杏などの樹木もたくさんあり 大変見ごたえのあるお城です そして何と言っても有名なのが春の桜まつり

10春には美しい桜のトンネルが

13_2お堀端の桜 

華やかさはないけれど 新緑の桜も風情があり夕方は落ち着いた
佇まいが美しいshine

「夕方5時を過ぎると有料ゾーンの通行止めが外され 散策だけなら無料でどこでも出来ますよ」と通りがかりの弘前市民の方に教えてもらい 
6時前までゆっくり広い弘前城内を散策させてもらいました~happy01
なるほど5時を過ぎるとランニングや散歩を楽しむ市民がぐっと増えてきたようですwink

弘前の回転すしで美味しい夕食を済ませ ホテルへ戻り
コインランドリーで洗濯物を片付けて 翌日の天気を祈りながら
眠りに付きました~nightsleepy

 







 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

梅雨空に新緑の東北山歩き六座その③

青空が!! 八幡平(はちまんたい 1613m)
    東北3日目にしてやっと青空のもと歩くことが出来ました~goodheart04

6月17日(火)suncloudrain

01

安比高原の素泊まり民宿で朝を迎え八幡平の天気予報を見ると 
なんと!!昨夜の予報にはなかったsunマークが! 
午前9時くらいまでは晴れとの予報に大急ぎで支度をして 
午前6時40分 出発で~す rvcar dash dash

03
昨夜コンビニの親切な店長さんに八幡平のアスピーテラインへの道を
教えてもらっていたのですがちょっと迷って時間がかかってしまいました
午前8時 見返り峠八幡平頂上駐車場 登山口からスタートです
shoe shoe  shoe shoe

0507

案内板に従って雪の残る登山道を20分ほど歩くと

09まずは 鏡沼 

10そして めがね沼 まだまだ残雪が多くて めがねが良く分からないcoldsweats01

158時32分 八幡平頂上です

16また雪渓を登って 雲が多くなってきたかな~despair

16_2大丈夫!残雪が青空に映える八幡沼です

18

雪渓を稜雲荘へ下ってその横の木道を通り湿地帯へ

20


21気持ちのよい木道歩きが続きます

249時20分 源太森展望地 ここでは北海道からのご夫婦と出会いました
「このところお互いお天気には悩まされているが 今日はうれしいですね」と愉快なご主人

23見返り峠方面展望  360度展望の動画は→こちらクリック

 

25

10時20分 駐車地の登山口へ戻ってきましたが 
お天気はまだ大丈夫のようです

30
車を20分ほど走らせ空き地に駐車 田代沼を少し散策してみました~

31_2
343536_2

イワナシ       ショウジョウバカマ     ミズバショウ

383940

シラネアオイ         サンカヨウ        エンレイソウ

11時20分 お天気のうちに八幡平を楽しんだ後途中寄り道をしながら
今夜の宿泊地弘前へと移動を始める事にしました~note

45八幡平を下るドライブウェイから見えた秘湯の宿「ふけの湯」
源泉野天風呂

Photo_212時半 道の駅かづの(鹿角)
昼食にきりたんぽ鍋を頂きました きりたんぽは鹿角が発祥だそうで 時間があれば体験も出来るそうです 
初めて食べるきりたんぽ 寒い時期では無いのでどうかなと思ったのですが 期待以上に美味しくて大満足のお味でしたgooddelicious  

食事している間にお天気は下り坂 
雨がふったりやんだりしていましたが
十和田湖と奥入瀬渓谷にちょっと寄ってみました rvcar dash dash

01_2
雨に煙る十和田湖

    02_3                       乙女の像                 

07新緑の奥入瀬 小雨の中傘をさしての散策ですcoldsweats01     

05銚子大滝

09

雨の中 ほんの少しでしたが新緑の奥入瀬を覘いた後 
今夜の宿ハイパーヒルズ弘前へ向かいました 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

梅雨空に新緑の東北山歩き六座その②

二座目もガスの中 秋田駒ケ岳男岳(おだけ1623m)山頂へ

6月16日(月)cloudraincloud
今日のお天気もいまひとつ良くない ゆっくりホテルで朝食を済ませ
8時過ぎ出発 rvcar dash dash

秋田駒ケ岳もこの時期の土、日祝日はマイカーの乗り入れ規制が
ありますが 今日は月曜日なので八合目駐車場までマイカーで
走ります 
途中ちょっと広くなった路肩に秋田ナンバーの車が何台も停まって
いるのを何度も見ました ちょうどたけのこ採りの時期で地元の人達が
たくさん山に入っているようでした

01_2広い八合目駐車場にはこのお天気なので さすがに車も数台しか
停まっていませんでしたが 何組かの登山者がすでにスタートして
いるようです
9時10分 私達も準備を済ませてスタートですshoe shoe  shoe shoe

02歩き出して10分程で一つ目の雪渓 見通しがきかないので慎重に
登ります

0708

ショウジョウバカマ      ドウダンツツジ

05_22つ目の雪渓はしっかりと道が切ってあり安心して歩けます

10_240分程で片倉岳に到着 晴れた日には前方に女目岳を望み
振り返ると眼下には田沢湖が見えるsign02筈なのですが・・・weep

1318

193m
山頂近くでmokoの大好きなシラネアオイにやっと出会えました 
東北には多いと聞いていたので楽しみにしていたのですが 
秋田駒のシラネアオイはもう終わりかけていましたdespair

2010時50分  秋田駒ヶ岳本峰 男岳(おだけ 1623m)山頂 
残念ながらガスで包まれ何も見えません(´;ω;`)ウウ・・・

16山頂をおりて阿弥陀池の周りを歩き出すと雨が降ってきました~rain
 
仕方がないので秋田駒もここまでとしUターン 登ってきた道を戻る
ことにしました

Photo

                    関西では見られないムラサキヤシオ 
 

少し雨足が小さくなったところで休憩 
単独の秋田美人登山者と出会いしばしおしゃべり 
私達が関西から来たと言うと 「去年の神戸マラソンは抽選が当たり
走ったのですよ 今年もエントリーしているのですが・・・」と 
美人登山者は美人ランナーでもありましたshineshine
下山後のお勧め温泉を彼女に教えてもらい 彼女は山頂へ 
私達は下山へ

2112時10分 八合目登山口へ無事下山    八合目避難小屋

八合目駐車場へ戻り 
先ほど出会った秋田美人に教えてもらった乳頭温泉郷の秘湯
「鶴の湯」spaを目指しました~

25_213時20分 spa鶴の湯  残念なことに月曜日は露天風呂清掃のため
内湯にしか入れませんでしたが 女性風呂は私一人で白濁のお湯に
ゆっくりつかり美人の湯を堪能しました~(* ̄ー ̄*)spa

27入れなかった女性露天風呂spaの入り口

温泉の後はかなり遅い昼食になりましたが移動途中の
雫石の焼肉屋さんで盛岡冷麺を食べてdeliciousgoodfull
今夜の宿泊地である岩手県の安比高原へ移動 rvcar dash dashで~す

明日は晴れて欲しいな~punch

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

梅雨空に新緑の東北山歩き六座その①

残念!東北1座目から強風に敗退 早池峰山(はやちねさん1917m)
 

梅雨に入ってしまったけれど 家を出る前に見た週間天気予報では
東北の天気はまずまず良かった筈でした・・・coldsweats01sweat01
6月14日(土) sun 早朝5時に自宅を出発 rvcar dash dash 
氷上ICから舞鶴自動車道、北陸自動車道と乗り継ぎ
新潟中央JCTで磐越道を走り 郡山JCTから東北自動車道の
北上ICまで 走行距離約980km 所要時間約13時間(途中休憩含む)
午後6時 岩手県北上市の大浴場と1泊朝食付きのビジネスホテルに
無事到着しました~happy01

6月15日(日)cloudraincloud

ホテルの朝食は午前6時から食べることが出来、6時半にホテルを出発
途中のコンビニで昼食を調達し 早池峰山岳駐車場へ rvcar dash dash

01
午前8時 早池峰山は土日だけ自動車の乗り入れ規制があり 
登山口まではシャトルバス(往復@¥1400)で出発です bus dash dash
バスはほぼ満員 あまり良くないお天気でも皆めげずに登りますねsmile

01

午前8時半 雨は降っていないものの辺りはガスで真っ白
カッパとザックカバーもつけて小田越登山口からスタートです
shoe shoe  shoe shoe

03山に住む熊さんに 小さなドラム缶をたたいて「おじゃましますよ~」
とご挨拶

07_208

雨のお花畑             ノビネチドリ

0605

チングルマ              早池峰ウスユキソウ

1時間半ほどで岩場に出 風当たりがきつくなってきました
油断すると 決して軽くはない体重の私でも身体を持っていかれそうに
なるくらいの強風です
五合目付近で 自然観察員の腕章をつけた女性が
「風がきついので無理をしないで・・・」と登山者に警告していました
子供連れ登山者は早々に断念、私達も辺りが真っ白で展望もないし
まずは安全第一と勇気ある敗退を決めましたsmile
05_2
この日ここで勇気ある敗退を決めた登山者は結構あったようですwink

1511時20分 小田越登山口に無事下山happy01
11時40分発のシャトルバスで岳駐車場に戻り 昼食
その後今夜の宿泊地 秋田県田沢湖高原温泉に向かいました

本日のおまけ 抱返り渓谷(だきかえりけいこく)散策

14時30分頃 田沢湖まで来ましたがチェックインにはまだ少し早いので
駅の案内看板を見て 抱返り渓谷に行ってみることにしました~

01_31時間ほどの遊歩道散策です

02この美しい淡いヒスイ色の水は日本一の深さを誇る田沢湖からの流れ

03_2
岩をくりぬいたトンネルをくぐり

05_3落石のある少々危険な道をさっさと通り抜け

07_3
                  小さな滝を眺め

08_2何度目かのトンネルをくぐり

11m

回顧(みかえり)の滝まで行ってきました~ 迫力満点です!

13滝でUターン 来た道を戻ります 美しい渓谷ですshine

15_3岩をくりぬいたトンネル 一人ではちょっとこわ~いbleah

17最後に赤い吊橋を渡って

20_2
抱返り神社にお参りをして 無事駐車場に戻りました~\(^o^)/

早池峰山は残念ながら敗退してしまいましたが 
思いがけず立ち寄った新緑の抱返り渓谷の美しさは
とても素晴らしく感動的でした~shine

午後5時過ぎ 田沢高原温泉ハイランドホテル山荘に到着 
2泊目は1泊2食付¥5980sign01
「新緑のベストシーズンもお得に満足」という宿泊プランでした
ちょっと古い建物ですが 温泉はもちろん食事もそこそこ美味しくて
お部屋も古いながら清潔に掃除が行き届いており 
安くてお値打ちのホテル山荘でしたhappy02

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »