« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

2014年7月 5日 (土)

梅雨空に新緑の東北山歩き六座その⑦

最終日は鳥海山麓ぶなの森へ

6月21日(土) 

そろそろ家に帰らなくてはいけません 
最初に鳥海山を登ってから東北を北上する案もあったのですが
天候の様子や諸々の事情で最後になってしまいました 
本格登山は時間的にも体力的にも今回は無理ということであきらめましたがあがりこ大王のいる鳥海自然休養林中島台地区へ行くことにしました

午前7時 昨晩泊まった山形県酒田のホテルを出発し再度秋田県へ車を走らせます      

01午前8時 駐車場には秋田ナンバーの軽自動車が1台だけ停まっていました
管理センターの職員さんがトイレの清掃中でしたが いろいろお話を伺ってからスタートです    

02管理センターの職員さんに「熊は普通に当然いますよ どうぞお気をつけていってらっしゃい」と送りだしてもらいました

どうやらこの森への今朝一番の訪問者は私たちのようです

06まだ誰もいない森に入っていくと なんとも形容しがたい森の声に包まれ 自然の中に溶け込んでいく自分を感じることが出来ました

              ぶなの森を歩く動画はこちら 

05あがりこぶな・・・「あがりこ」 とは、ブナの木を根元近くから伐採した後に、新しい枝が出て育ったもの    

09
たくさんのあがりこぶなが棲む森

10Photo

このあがりこも立派ですが大王ではありません あがりこ女王といわれる事があるそうですが その樹形から燭台またはニンフ(森の妖精)の椅子とも呼ばれているようです

15_2

そして あがりこ大王とご対面です

15_3                あがりこ大王様です
幹周り 7.62m (このような樹形のブナとしては日本一の太さ)

16あがりこ大王の周りにもたくさんのあがりこぶなが棲んでいました

18_2
清らかで豊富な湧水群「獅子ヶ鼻湿原」を周り

20_321_3

鳥海マリモはちょっと時期が早くてまだ茶色いですよと教えてもらっていましたが少し分かりにくかったです

25あっ! こちらでは朝から木道の改修工事が始まっていました

26
横を通らせてもらって管理センターの方へと戻っていきました

2710時20分 鳥海自然休養林中島台地区フルコース1週 終了
\(^o^)/

28
この後 登りたかった鳥海山を眺めようと鳥海ブルーラインを鉾立登山口まで走りました  
11時15分 次回はいつになるかわかりませんが是非是非登りたい山です

鳥海ブルーラインを下り また山形県酒田まで戻り酒田港へ

Photo_2Photo_3

さかた海鮮市場で30分ほど行列に並んでしまいましたが
13時 美味しい海鮮丼の昼食をとることができました~ 

さて1週間の東北遠征山旅もこれで帰路につきます  

途中道の駅やサービスエリアで休憩、仮眠を繰り返しながら 
翌日22日(日曜日) 午前10時過ぎ 無事兵庫県の自宅に帰り着きました

長々と拙いレポートにお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

梅雨空に新緑の東北山歩き六座その⑥


梅雨空に花と戯れ 森吉山(もりよしざん 1454m)

6月20日(金) 
昨夜から降り出した雨は朝起きてもまだ降っていた・・・
7時30分 今日の予定森吉山をどうするか決心がつかないまま出発の準備をしてホテルを出発   
天気予報では午後に向け回復傾向にあるとか・・・ 平地ではもう雨も上がってきたが山は厚い雲に覆われている・・・
どうしようと言いながらも車は森吉山に向かってどんどん走る

9時過ぎ とうとう北秋田市阿仁のゴンドラ乗り場に着いてしまいました

00こんなお天気でもゴンドラはちゃんと運行しています
ただ展望はまったく望めないのに@¥1800×2の運賃が痛いです
私たちの後から到着した宮城ナンバーの若いご夫婦は何のためらいもなくさっさとゴンドラに乗って出発してしまいました
ここまで来てまだためらっているなんてバカらしくなってきました
そうです!こんなお天気でも20分でらくらく山頂登山口へ行けるのですからやっぱりお値打ちです 

01
と言うことでいざ ゴンドラに乗り出発で~す

012標高1170mのゴンドラ山頂駅が近づいてきました ガスの中 外の景色は殆ど見えず20分のゴンドラの旅は長かった

02210時 小雨の中カッパを着けてスタートです    

5分ほど歩くとすぐに出迎えてくれたのが待望のシラネアオイの群落

M_2

まさに両手に花の相棒 
ごきげんです

052_2

道の両側にアオイちゃんの群落が続き相棒はカメラを離すことが出来ません

060709_3

イワイチョウ         ニッコウキスゲ     コイワカガミ

1008_211

コケモモ           チングルマ       ヒナザクラ
さすが花の百名山いたるところに花いっぱいの散策が楽しめました

1511時25分 何も見えませんが 山頂(1454m)です

14稚児平のお花畑もガスでよく見えませんが幻想的でいい雰囲気です

殆ど上がっていた雨がまた少し降り出したのでちょっと急いで戻ることにしたのですが シラネアオイの群落が始まると相棒の足はちっとも進みません

2動画を撮影しました
       ↓クリック
森吉山のシラネアオイ動画
 

Photo12時52分 ずいぶん空が明るくなってきました 
帰りのゴンドラからは少し景色も見え始め同じ20分でしたが
少し早かったような気がしました~

森吉山下山後 
13時半 北秋田市コンベンションホールお食事処「かたりべ」で
比内地鶏のとろとろ親子丼の昼食 とってもとっても美味しくて   写真撮るのも忘れて食べてしまいました~

これで東北遠征山歩き ①早池峰山 ②秋田駒ケ岳 ③八幡平 
④八甲田山 ⑤岩木山 ⑥森吉山と六座歩いてきたのですが 
実はもう一座できれば行きたいと思っていた山がありました 
鳥海山です この時期の鳥海山はまだ残雪も多く 
何よりお天気が悪くては私たちにはちょっと難しいと判断して
今回はあきらめました
でもせっかくなので明日ちょこっとだけ寄り道して鳥海山の麓
「あがりこブナ」の森へ行くことにしました~ 

と言うわけで今夜の宿泊地は山形県の酒田です   
レポートもその⑦まであります 
申し訳ありませんがもう少しお付き合いくださいね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

梅雨空に新緑の東北山歩き六座その⑤

岩木山(いわきさん 1625m) ミチノクコザクラに会えました~

6月19日(木)

7時過ぎ 朝食後連泊で快適に過ごしたハイパーヒルズ弘前を出発
  
(ビジネスホテルの朝食は6時あるいは6時半からと早くから出来るので助かります)

017時50分  津軽岩木スカイラインの料金所 ¥1800
お天気があまり良くないようなので八合目登山口まで走ります
  
料金所は8時からなので 料金所前で少し待ちました 
私たちの前の車はたけのこ採りのオジサン3人グループでした 

028時半 八合目登山口 リフト乗り場横からスタートです 
    

03岩木山手前のなだらかなピーク その向こうに岩のゴツゴツした本峰が

05リフトで登ってくる道とここで合流 今日はお天気が悪いためかリフトは休止

06岩場に咲くミヤマキンバイ

07
前を行く男性2人連れの前方はガスで真っ白

08頂上は? ガスの中

10もう少しで頂上  青空が・・・

119時38分 やはり頂上はガスの中でした~

仕方がないので折り返しお花を探しながらゆっくり下山することに

18_2ありました~  可愛いミチノクコザクラです

15実は今日も単独の女性登山者に出会い
「ミチノクコザクラ咲いてますよ」とその場所に案内してもらいました~
東北の女性は本当に美人が多いですね
今日も青森美人でした~

31_2
                    イワウメがびっしりと

21雪渓の見えるところがお釜のようです ガスの中にリフト乗り場が見えています

302529

オオカニコウモリ       コケモモ         ツマトリソウ 


272624

ハクサンチドリ        ウコンウツギ      タチツボスミレ? 

2311時43分 スカイラインを降りてきて麓からの岩木山 
やはり山頂はすっぽり雲に覆われていました

さて午後は白神山地 西目屋村「暗門の滝」を目指して車を走らせます
  

12時過ぎ 西目屋村の物産センター「レストラン森のドア」で昼食

Photo_4
Photo_5メニューに「あどはだり」と書いてありました 面白いので注文してみると
なめこ、納豆、大根おろし、その他山菜などたくさんの具がのった地元の白神蕎麦(冷)です
「あどはだり」とは再度ねだると言う意味だそうです 
なるほどお変わりしたくなるほど美味しかったです 

また30分ほど車を走らせて  

01_213時25分  白神山地世界遺産地域 入口へ

02_3Photo_6

ささやかな協力金を払って立派な協力者証を頂きました

03_3
ちょうど工事監督さんと役場の担当者の方が第3の滝まで工事の確認検査に行かれる所に行き合わせました~ 
お願いして同行させてもらうことになりました

               

05_2第3の滝までこのような足場がしっかりと組まれています
毎年取り外し毎年この時期に合わせ新たに組んでいくそうです

06_207_2


    小さな滝が         雪渓が川へ

 08_2             渓谷が迫ってきます

09そして第3の暗門の滝です  落差は26mですがなかなかの迫力でした~ 
ここからまだ第2(37m)、第1(42m)の滝へと道は続くのですが 「まだ整備中で6月中には完成させる予定です」とのことでした

10_2帰り道 現場監督さんに「毎年この辺りに居るよ」と川を覗いて教えてもらいました
大きなイワナです わかるかな?

16同行させてもらった監督さんや担当者さんたちと途中で別れ 
私達はきれいなぶなの森を散策して戻ることにしました

16_2

20_3

21_215時10分  広大な世界自然遺産白神山地のほんの一部分でしたがラッキーなこともあり充分楽しませてもらいました~

西目屋村の源泉掛け流し「しらかみの湯」で疲れを癒した後
17時 今夜の宿泊地大館へ向かいました

                  

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »