2008年9月23日 (火)

わが町の図書館へ

Photo_4

もう10年も前になるのでしょうか、車で40分ほどかかる隣の隣の町の図書館が気に入り、カードを作ってもらいしばらく通ったことがありましたcardash (その頃わが町には公民館に図書室はあったが 近くとはいえちょっと利用しにくいものであった)

しかし やはり遠方であること、そして何より私の老眼がものすごい勢いで進みだしたことが大きな原因となって eyeglass wobbly eyeglass その図書館とのお付き合いも次第に遠のいてしまいましたdespair

小さな活字を追うことがおっくうになり、雨の休日mokoと連れ立って本屋さんへ行っても、買ってくるのは写真の多い「山の本」ばかりになって・・・

その後 わが町にも図書館が出来たのですが、一度覗いてみたいと思いながらも老眼と共に読書離れが進んでしまい、なかなか訪れることが出来ずにいたのです。

が 昨年このブログを始めて よそのブログにもお邪魔するようになり、以前確かに読んだ記憶のある本の内容が なかなか思い出せない事に気づかされ、あれほど感動したはずなのに・・・weep この自分の現実が無性にさびしくてsweat02悲しくてsweat02・・・ 「本を読みたい、もう一度読みたい、いろんな本を」と強く思うようになったのです

                                                 Photo_8

                                                                   

       clover  book  clover  book  clover  book  clover  book   clover

Photo_10

そして 一昨日の日曜日 お彼岸のお墓参りの後 思い立ってわが町の図書館へmokoを誘ってでかけてみました

わが町の図書館 建物は以前町営の結婚式場として使われていたものを再利用したものですが、それがむしろなんだかあったかい雰囲気でなかなか居心地がよく ゆっくりお目当ての本を探したり、静かに読書を楽しむことができるのですscissors 

サービスもずいぶん充実しており、館内にはタッチパネル型のOPACが設置され、本を探したり「取り寄せ」の申し込みも出来、貸し出し中のときの予約や、希望の本がないときの「リクエスト」も出来ますscissors

もちろんインターネットでもそれらのことが出来るようになっていますgood

スタッフの皆さん、そして多くの読者の方々の努力と協力のおかげで わが町の図書館も日々進化し続けている印象を受けましたfull

遅まきながら再度読書に目覚めたおばさん、感謝しつつ わが町の図書館活用させていただきますhappy01  

                 のんびりマイペースだけど老眼なんかにめげないわbleah

                                             Photo_26                                   

| | コメント (4) | トラックバック (0)