自然

2009年6月12日 (金)

蛍と遊ぼ♪

Photo_2

今年はこの辺りでもホタルがたくさん飛んでいます 

もわ~と少し蒸し暑いような夜は幻想的なホタルの乱舞をみることもできます

すぐ近くの民家の裏を流れる小川にもたくさん飛んでいます

昨日は昼間は暑かったのですが夜はひんやり涼しく ホタルも草むらで静かに光っていました 

近くにいた4匹のホタル君を我が家にそーっとご招待 wink

我が家の庭で摘んできたホタルブクロで遊んでもらいました~bleah

Photo_5

もう少し暗くしてみましょう

Photo_8

ホタルブクロを横にして ホタル君に中に入ってもらいましたよ happy02

In

デジイチ研修中の二人 手さぐりでのホタル撮影 coldsweats01  おそまつですがお許しを!m(_ _)m 

モデルのホタル君 ご苦労様 ありがとうheart

   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

珍しい桜♪ 荘厳寺

先週の土曜日 病院の事務をしている友人に出会うと 近所の患者さんに教えてもらった「珍しい桜」を見に行こうと誘われました 

静かな田舎の荘厳寺(しょうごんじ)というお寺の境内、駐車場のすぐそばにその珍しい桜の木がありました

枝垂れ桜なのですが その花の色も 花の付き方も珍しく 今まで見たことがありません 

枝垂れた枝の先に 薄緑色の花が房になってまるで鞠のように咲いていました

その日は携帯電話のカメラしか無かったので  翌日朝 mokoを誘ってカメラを持ってあらためて出かけてきました

P_2 

かなり大きな木です ちょうど満開の時を迎えていました

左後ろには ソメイヨシノの種類でしょうか 背の高い桜の木です すでに葉がたくさん出ていましたが花もまだ少し残っていました

右後ろには これもずいぶん大きな枝垂桜が これは残念ながらもうすっかり可愛い花は散ってしまっていました

Photo

珍しい桜のアップ 

ここでは2日共 どなたにも出会えず この桜の名前がいまだにわかりません (ネットで調べてみると京都御室の御衣黄桜に似ているような・・・ そういえば造幣局の通り抜けでも見たような???・・・)

Photo_2

Y

Photo_9

そしてその右隣ににもう1本桜の木がありました 濃いピンクの八重桜が今から花盛りを迎えようとしていました~

Photo_4

桜のある庭から 横の参道を登っていくと そのあたりには大きなもみじの木の新緑が輝いていました

どうやら地元では秋の紅葉の美しいお寺として紹介されているようです

この参道を登り詰めた所には本堂があり、右へ行った所に多宝塔がありました

Photo_6

この多宝塔は屋根が2層とも檜皮葺で県下唯一 県の文化財指定だそうです

Photo_7                                       2階部分のアップですが円形の回廊になっているのが珍しいと思いました

Photo_10

Photo_8

○十年も ここで生まれ育ち嫁ぎ 過ごしてきましたが                                          地元にもまだまだ知らない素敵な所がいっぱいありそうです~heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

コハクチョウの越冬 

一週間ほど前の新聞にため池賛歌の記事があり その中でコハクチョウが越冬している様子が載っていました

車で30分程の小野市にある女池(めいけ)です 

加西市から小野市にかけて その一帯にはため池が多くあり 調べてみるとそのあたりの他の池でも見る事が出来そうです

平日ながら 今朝はちょっと仕事の開始時間を遅らせることにして coldsweats01

朝6時半自宅出発 rvcar dash 

まずはネットで調べた加西市の三田池へ 確かにコハクチョウ飛来の看板はあるのですが鴨が数羽泳いでいるだけで 人も誰もいません・・・

やはり新聞で見た女池へ向かう事にしました rvcar dash

Photo こちらは さすがに新聞に掲載されたからでしょうか 

コハクチョウ観察駐車場ができており、たくさんの愛好家が集まってきていました

看板にも書いてありますが ここ女池はコハクチョウ飛来の日本最南端だそうです

Photo_2

私たちが行くと 『きすみの野鳥を守る会』の方でしょうか 「今 第1陣がねぐらを出発したそうですからもうすぐ飛んできますよ」と教えてくださいました  ねぐらは近くの自衛隊駐屯地の林の中だそうです

Photo_3 私たちは楽しそうに遊ぶ鴨たちを見て コハクチョウが飛来し着水する姿を見ようと待ちました

Photo_4

すると 1羽だけコハクチョウがいるのに気がつきました 聞くと なぜか怪我をして傷つき みんなと一緒にねぐらへ帰れなくなりずっとここに取り残されているというのです weep

どうかシベリアへ帰るまでには元気に飛べるよう 早く回復するようにと祈りますconfident

Photo_5

こちらは仲良し鴨のカップルheartでしょうか happy01

5分もすれば来る筈のコハクチョウたちが 今朝はなかなか来ません 

守る会の人たちも 「今日は素通りしてよそへ行ったのかな~」などと言い出し あきらめて帰る人も・・・

私たちも半ばあきらめ帰ろうとしていました sad

すると 愛好家の方から 「玉丘古墳公園の池に行けば見る事が出来ると思う」との情報をいただきました

じゃ もうちょっとだけと rvcar dash dash

Photo_6 いましたよ~heart04

人が150m以上近づくと 驚いて飛び立ち 越冬しなくなると書いてありました

でも 遠すぎる~~~~~despair

私たちのほかには一人だけ立派なカメラを持った愛好家の方がおられましたが

3人で コハクチョウを驚かさないように そーっと少しずつ近づいてみました

Photo_7

これが限界かな 近づく距離も コンデジでの撮影も wobbly

残念ながら今回は華麗なコハクチョウの飛翔や着水は

見る事が出来ませんでしたが コハクチョウたちがシベリアへ帰る日までにもう一度会いに来たいと思ったmokokoroでした

帰宅すると9時半になっていました 遅くなりましたが さあ!お仕事ですよ runsweat01

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

山で出会った生き物たち・・・その1

山歩きの楽しみの一つにいろんな生き物との出会いがある・・・

実を言えばkoroは幼い頃から動物が苦手で、なかなかの怖がりだったのである。(今でも怖がりではあるが随分ましになったと思っている)

そんなkoroが山を歩けば 蛇に出会うとギャッ!shock蜂を見つけるとビクッ!遠くにいるお猿さんに緊張ー!gawkフウ~ッ!疲れる~weep  兎も走れば、リスもキツネだって走る、まだお目にかかってはいないけど熊さんだって・・・(相棒のmokoもこんなの連れて大変デスbearing

でも不思議なんですよね、山って・・自然って・・いつの間にかこんな生き物との出会いを楽しんでる自分がいたのですhappy01 

大自然の中では自然を守るためにも生き物達とはちょっと距離を保っての出会いが大切で、それが怖がりには丁度いいのかもなどとかってに得心しているのです。

そしてそんな出会いをカメラに収めることができるとこれまたうれしいのですが、これがまたなかなかむつかしくて・・・でもちょっと見てねwink

一番のお気に入りはこれ!Photo_3

南アルプスの北岳(3193m)に登った時、きつい登りでクタクタになった私達を人なつっこいオコジョが出迎えて癒してくれました。(2002.7.22~24)

Photo_8

                     

 

                                Photo_10 次は北アルプス燕岳(2763m)から常念岳(2857m)を縦走した時雷鳥のファミリーに出会ったのですが・・・                       カメラも技術も未熟なもので・・・雷鳥わかるかな? ファミリーを撮りたかったのに1羽しか写ってない・・・でも槍ヶ岳がくっきりと!(2003.9.27~29)

20026_2 奈良大峰の釈迦が岳(1800m)には鹿がたくさん、じっとこちらを見つめた後、真っ白な可愛いお尻を見せて走り去っていきました。その可愛いお尻を撮りたかったのに・・・(2002.6.2)

| | コメント (6) | トラックバック (0)